期間限定の特別配信:銀行には、融資ができない業種があるのですか?

中小企業の銀行融資・資金繰り対策コンサルタントの無料メルマガ

中小企業の社長さんから、

・新規事業への進出を考えて、銀行に運転資金借入の相談をしたところ

・この業種では、融資ができないと断られました

・銀行には、融資ができない業種があるのですか?

という、質問がありました。

融資交渉コンサルタントのメルマガ

スポンサーリンク


中小企業の銀行融資・資金繰り対策コンサルタントの無料メルマガにて、その回答事例をお伝えしました。

■ 銀行には、融資ができない業種があるのですか?(2015年6月25日号)

今回は、中小企業の銀行融資・資金繰り対策コンサルタントの無料メルマガを、期間限定で特別配信します。

見逃した方は、下記より、ご請求ください。

__sozai__/0012454.png

※2015年7月15日までの期間限定、特別配信です。 


⇒ 中小企業の銀行融資・資金繰り対策コンサルタントの無料メルマガ、バックナンバーは、こちら


銀行融資での資金繰り対策で、お悩みの場合は、下記より、ご相談ください。
問い合わせボタン

(2015/6/25) 

TOPボタン 




創業資金融資は、バーチャルオフィスでも申込みできますか?

創業資金融資は、バーチャルオフィスでも申込みはできますか?

創業資金の借り方をアドバイスする、起業・開業コンサルタントの銀行対策.comへの質問です。


【 起業する時に、バーチャルオフィスを利用するメリットとは? 】

・都心の一等地で、本社登記が可能

・電話秘書サービスなど、様々なサポートが用意されている

・事務所などを賃貸するより、起業時の初期費用が節約できる

起業後に、実際には、自宅で仕事ができる方でも、対外的に、自宅が本社登記地だと信頼性に不安があるというケースなどには、バーチャルオフィスは利用価値がありますね。

創業資金の借り方、起業・開業コンサルタント

スポンサーリンク


但し、創業資金の融資審査では、

・事業実態を把握するのが難しい

というデメリットがあります。

もちろん、創業資金融資が、100%できないというわけでは、ありません。

創業資金融資の申し込みができても、事務所を賃貸して、起業するケースに比べて、融資審査が厳しいということです。


バーチャルオフィスで、起業する場合に、創業資金の融資審査でのデメリットを回避する方法は、

・バーチャルオフィスで本社登記、自宅を支店登記する

税金が余計に必要となるデメリットもありますが、これであれば、創業資金の融資審査で、事業実態の把握ができやすくなります。

・バーチャルオフィスではなく、個室のレンタルオフィスにする

バーチャルオフィスより、費用が必要となりますが、個室のレンタルオフィスであれば、事務所の賃貸とほぼ同じと考えられます。

起業・開業する場合で、創業資金の借入を考えるなら、メリットとデメリットを把握して、計画的に準備してください。

⇒ 借入できる創業資金融資についての相談は、こちら


無料!
起業計画書・資金繰り表(PDF)のご請求

起業計画書


創業資金の借り方など、不安がある場合は、下記より、ご相談ください。

問い合わせボタン

(2015/6/18)

TOPボタン 




資金繰りが厳しくなる、経営者の共通点とは?

資金繰りが厳しくなる、経営者の共通点とは?

銀行対策.comには、運転資金借入や資金繰りのことで、多くの中小企業経営者から、ご相談をいただいております。

そのなかで、資金繰りが厳しくなる、経営者の共通点があります。

また、銀行融資取引対策・資金繰りコンサルタントの渕本が、銀行勤務時代に、ギリギリになってから、運転資金融資の相談をしてくる、社長の共通点でもあります。

運転資金融資・資金繰りコンサルタント

スポンサーリンク


■ 資金繰りが厳しくなる、経営者の共通点 ■

2013年8月28日に、無料メルマガとして解説したものを、バックナンバーとして、ご請求できるように登録しました。

__sozai__/0012454.png

⇒ その他の銀行対策.comの無料メルマガ、バックナンバーは、こちら


運転資金借入、融資取引のお悩みは、こちらから、ご相談ください。
問い合わせボタン

(2015/6/11)

TOPボタン




銀行にネガティブな情報を伝えた方が良いのか?

銀行にネガティブな情報を伝えた方が良いのか?

中小企業の経営者から、銀行対策.comに良くある質問です。

銀行に融資相談をする時に、

・経営に関するネガティブな情報を伝えたら、融資が断られてしまう

と考えて、不安に思いますね。

銀行融資相談、銀行交渉、コンサルタント

スポンサーリンク


しかし、融資審査をする側でも、中小企業の経営者が不安に思っている、ネガティブな経営情報は、知りたい重要ポイントです。

銀行の融資審査担当者から、聞かれてから、経営のネガティブ情報を答えるより。。。

融資相談の段階で、先に、経営のネガティブ情報を開示した方が、ベターです。

経営のネガティブ情報を隠していたと思われると・・・

『 他にも、何か経営不安があるのではないか? 』

と、融資審査で、疑われてしまうからです。

経営のネガティブ情報を銀行に開示する時には、

・経営のネガティブ情報に対して、どのような対策をしているのか?

を、事業計画書などで、しっかり説明できるようにしてください。

⇒ 無料の事業計画書(ひな形・見本)のご請求は、こちら

融資相談での銀行交渉に不安がある場合は、すぐに、相談してください!

問い合わせボタン

(2015/6/9) 

TOPボタン 




銀行が会社を訪問する意図とは?(銀行との上手な付き合い方)

銀行が会社を訪問する意図とは?(銀行との上手な付き合い方)

中小企業の社長さんからの相談で、銀行から訪問したいと連絡があると、戸惑って、

・どういう意図なのだろう?

・もしかして、悪い兆候ではないか?

というものがあります。

今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾では、

・銀行が会社を訪問する意図とは?

について、元銀行融資審査役職者である、銀行取引対策コンサルタントが、解説しました。

銀行が会社を訪問する意図とは?

(第76回:2015年6月2日号)

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2015年6月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2015年7月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

銀行との上手な付き合い方・資金繰り改善コンサルタント

スポンサーリンク



【 銀行が会社を訪問する意図とは?:目次 】

1.融資の申込みもしていないのに、銀行から訪問したいと言われるのは?

2.融資の申し込み後に、銀行から訪問したいと言われるのは?

3.銀行の本部の人間と訪問したいと言われたら?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、アドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。

・銀行と上手に付き合って、資金繰りを楽にしたい

・銀行員の本音を知って、事業資金をスムーズに借りたい

という、中小企業の社長さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2015年6月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2015年7月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行との上手な付き合い方、事業資金融資の相談は、24時間受付中!

問い合わせボタン 


(2015/6/3) 


TOPボタン




銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2022/6/10)
運転資金の借り方、資金調達の悩み電話相談の新サービスを公開しました!
(2022/6/1)銀行への決算書の提出は、社長自ら行く、持参すべきなのか?
(2022/4/18)決算説明をして、銀行から、お金を借りやすくする方法とは?
(2022/3/5)銀行の企業評価:債務償還年数の計算方法とは?
(2022/2/13)決算内容より重要な公共性の原則とは?融資審査の仕組みを解説!
(2022/2/2)創業資金の借り方:自己資金はいくら必要なのか?
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン