新銀行東京の経営統合に関する、お問合せについて

新銀行東京の経営統合に関する、お問合せについて

銀行対策.com(FPコンサルタント)の渕本です。


昨日、新銀行東京と、東京TYフィナンシャルグループが、2016年4月を目標として、経営統合の協議をしている、という報道がありました。

銀行対策.comにも、この報道で不安になった方から、質問が寄せられています。

新銀行東京と、東京TYフィナンシャルグループの経営統合について、代表的な質問と回答について、銀行対策.comの無料メルマガで、特別配信します。

下記より、2015年6月10日まで、ご請求が可能です。

⇒ 銀行対策.comの無料メルマガ、特別配信のご請求は、こちらから

※すでに、銀行対策.comの無料メルマガを購読されている方は、本日の13時に配信予定ですので、ご請求は不要です。

新銀行東京の経営統合について、質問、問い合わせ

スポンサーリンク


【新銀行東京と、東京TYフィナンシャルグループの経営統合について、代表的な質問】

■ 新銀行東京とだけ、融資取引がありますが、融資は受けやすくなるのでしょうか?

■ 新銀行東京と、都民銀行の両方と融資取引がありますが、どうなりそうですか?

■ 新銀行東京は、無くなってしまうのでしょうか?

■ 今後、銀行業界の再編は、進むのでしょうか?

今回の銀行対策.comの無料メルマガは、下記より、2015年6月10日まで、ご請求が可能です。

⇒ 銀行対策.comの無料メルマガ、特別配信のご請求は、こちらから

※すでに、銀行対策.comの無料メルマガを購読されている方は、本日の13時に配信予定ですので、ご請求は不要です。


銀行との融資取引で、お悩み方は、下記より、お問い合わせください。

問い合わせボタン

(2015/5/28)

TOPボタン 




運転資金の借入間隔に目安はあるのか?(資金調達の相談)

運転資金の借入間隔に目安はあるのか?

中小企業の社長さんからの資金調達の相談で、

『 運転資金融資をしたばかりですが、追加で借入はできませんか? 』

というものがあります。

今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾では、

・運転資金の借入間隔に目安はあるのか?

なども含めて、元銀行融資審査役職者である、運転資金の借り方・資金調達コンサルタントが、解説しました。

運転資金の借入間隔に目安はあるのか?

(第75回:2015年5月19日号)

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2015年5月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2015年6月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

運転資金の借り方、追加融資のアドバイス

スポンサーリンク



【 運転資金の借入間隔に目安はあるのか?:目次 】

1.運転資金の追加借入が必要となる理由とは?

2.運転資金の借入間隔に目安はあるのでしょうか?

3.赤字補てん資金の追加融資は、可能なのでしょうか?


☆2015年5月末までに読者登録をすると、同時配信されるメルマガ ☆

⇒ 無借金経営が可能なのに、借入をしている理由とは?の目次などは、こちら

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、アドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。

・銀行取引対策をして、運転資金の借入に役立てたい

・スムーズに運転資金融資を受けて、資金繰りを改善したい

という、中小企業の社長さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2015年5月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2015年6月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行取引対策、資金調達、資金繰り改善の相談は、24時間受付中!

問い合わせボタン 


(2015/5/21) 


TOPボタン




無借金経営が可能なのに、借入をしている理由とは?

無借金経営が可能なのに、借入をしている理由とは?

中小企業の社長さんのなかには、

『 無借金経営になりたい! 』

と言われる方もいます。

今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾では、

・無借金経営となることが、本当に、良いことなのか?

も含めて、元銀行融資審査役職者である、銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタントが、解説しました。

無借金経営が可能なのに、借入をしている理由とは?

(第74回:2015年5月5日号)

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2015年5月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2015年6月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタント

スポンサーリンク



無借金経営が可能なのに、借入をしている理由とは?:目次 】

1.無借金経営と実質無借金経営の違いとは?

2.無借金経営なら、資金繰りが楽になるという勘違い

3.無借金経営が可能なのに、借入をしている理由とは?


社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、アドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。

・銀行取引対策をして、資金調達に役立てたい

・円滑に資金調達をして、資金繰りを改善したい

という、中小企業の社長さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2015年5月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2015年6月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行取引対策、資金調達、資金繰り改善の相談は、24時間受付中!

問い合わせボタン 


(2015/5/8) 


TOPボタン




運転資金の借入相談など、銀行対策.comのゴールデンウィークの営業体制について

運転資金の借入相談

起業する時の創業資金融資のサポート

経営改善のためのリスケ・返済猶予の相談

など、元銀行融資審査役職者で、銀行の内部事情に精通したコンサルタントである、銀行対策.comでは、ゴールデンウィーク中でも、休まずに営業しております。

⇒ 銀行融資の借入に役立つ情報を配信する、無料メルマガ登録は、こちら

運転資金の借入相談なら銀行対策.com

スポンサーリンク


但し、銀行対策.comの銀座(都内)・横浜のミーティングルームは、

・2015年5月3日(日)から5月6日(水)まで、全館休館

となります。

したがいまして、このゴールデンウィーク中の面談相談については、ご相談者様のご指定の場所でのみ可能となります。

その他、銀行対策.comへのメールでの相談、電話相談は、通常通り受付・相談が可能です。

但し、銀行対策.comへのご相談料金は、事前お支払制となっておりますので、銀行振り込みをご希望される場合は、お早目に、お申し込みください。

※クレジットカード決済でのご相談料金のお支払は、ゴールデンウィーク中でも即時可能です。

銀行融資のお悩み相談、お問い合わせは、下記より、お願いします。

問い合わせボタン

※携帯電話:090-3216-1068 でも、24時間、お問合せを受付中

運転資金借入・資金繰りコンサルティングが対応可能な地域:日本全国
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

(2015/4/22)

TOPボタン




担保不動産の処分・売却・競売の考え方について

中小企業の資金繰り改善をサポートするコンサルタントの渕本です。

事業経営は、いつも順調な時ばかりではありませんね。

売上が落ち込んだり、取引先が倒産したり、不測の事態が起こるものです。

中小企業の経営者として、事業継続の意欲はあるものの。。。

社長として気になるのが、銀行借入の返済。

そして、銀行融資を受けるときに、提供している担保がどうなるのか?ですね。


社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾

第72回:担保不動産の処分・売却・競売の考え方について
(2015年4月7日号)

にて、中小企業の社長さんから、良くある担保不動産への質問について、元銀行融資審査役職者で、債権管理・回収の実務に精通したコンサルタントとして解説しました。

⇒ 登録初月は無料!の融資審査の本音塾への登録は、こちら

※2015年4月末までに読者登録をすると、自動配信されます。

※2015年5月以降は、バックナンバーとしてご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーのご請求は、こちら

銀行融資での資金調達コンサルタント

スポンサーリンク



【 担保不動産の処分・売却・競売の考え方について:目次 】

1.銀行は、すぐに、担保不動産の処分・売却を考えるのか?

2.銀行が担保不動産の処分や売却を求めるポイントとは?

3.銀行は、すぐに、担保不動産を競売にかけるのか?


・返済猶予(リスケ)での経営改善をしたいが、不動産担保が気になる社長

・銀行から、不動産担保の売却を言われて、困っている経営者

などは、参考になるメルマガですので、是非、ご購読くださいね。

⇒ 登録初月は無料!の融資審査の本音塾への登録は、こちら

※2015年4月末までに読者登録をすると、自動配信されます。

※2015年5月以降は、バックナンバーとしてご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーのご請求は、こちら


銀行との担保交渉のお悩みは、下記からも24時間相談受付中です。

問い合わせボタン


(2015/4/8)

TOPボタン




銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2022/6/10)
運転資金の借り方、資金調達の悩み電話相談の新サービスを公開しました!
(2022/6/1)銀行への決算書の提出は、社長自ら行く、持参すべきなのか?
(2022/4/18)決算説明をして、銀行から、お金を借りやすくする方法とは?
(2022/3/5)銀行の企業評価:債務償還年数の計算方法とは?
(2022/2/13)決算内容より重要な公共性の原則とは?融資審査の仕組みを解説!
(2022/2/2)創業資金の借り方:自己資金はいくら必要なのか?
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン