設備資金で借入したお金を他に使ってしまい、その後の借入が難しくなる事例(融資対策)

設備資金で借入したお金を他に使ってしまい、その後の借入が難しくなる事例(融資対策)

中小企業の融資対策・資金繰りについて、いろいろなご相談があるのですが・・・

◆ 設備資金を借入する際に、見積金額を水増し

◆ 多く借り入れた設備資金を運転資金に流用する

という事例。

これは、設備資金の資金使途違反です。

設備資金の借入には、設備資金に使ったという確認書類の提出を、後日、求められます。 

また、設備投資をしたのであれば、一括で費用計上できる金額を超えるものは、決算書で資産計上されるはずです。

銀行に黙って、設備資金の借入を運転資金として使ってしまった場合・・・

最悪のケースでは、資金使途違反として、融資の一括返済を求められます。

あるいは、資金使途違反の設備資金が完済するまで、追加融資はできないということもあります。

借入をするときに提出した、設備資金の見積より、安く済んだケースでは・・・

そのまま、黙って運転資金に使ってしまってはいけません!

融資を受けた、銀行や信金に、事情を話して、指示を受けてくださいね。

場合によっては、そのまま、運転資金として使用できる場合もあります。 

⇒ 融資取引の素朴な疑問でも、お気軽に、ご相談ください! 

問い合わせボタン

(2012/7/2)

TOPボタン


銀行対策:決算分析には、限界があることをご存じですか?

銀行対策:決算分析には、限界があることをご存じですか?

中小企業の銀行対策・資金繰り改善をサポートする、銀行対策.comです。


【 銀行対策で良くある間違い 】

融資審査では、決算内容で8割が決まる


実は、本当に融資審査をしっかりとできる銀行員は、

◆ 決算分析には、限界があること

を、知っており、そのために、借入相談先から、いろいろなことを聞き出して、融資審査をしています。

ところが、銀行や信金などの融資審査担当者のなかには、

◆ 決算分析には、限界がある

ことに対して、十分な対処ができていない人間もいます。

そういう融資審査担当者にあたってしまっても、借入ができるためには、どうしたら良いのでしょうか?

融資を必要とする側が、十分な銀行対策をしておくことが必要です。

「決算分析だけで、融資審査をされないための対処方法」

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾で、その答えを配信します。

19日(火)の13時に配信予定。

登録当月は、無料ですので、

◆ 必要なときに、必要な額の借入をしていきたい

◆ 上手に銀行と付き合って、資金繰りを安定させたい

という、中小企業経営者の方は、これを機会に登録して、参考にしてくださいね!


(2012/6/18)


TOPボタン



社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾のバックナンバーのご案内

中小企業の銀行取引対策・資金繰り改善をサポートする、銀行対策.comで、4月に開講した「社長のための銀行取引対策・資金繰り改善『融資審査の本音』塾のお知らせです。

第5回:「借入の相談で、注意する点はありますか?」

は、6月5日(火)に配信しています。

こちらは、今月に購読登録をしていただきますと、無料で購読することが可能となっております。

第1回:「融資=与信行為 融資を断るのは信じられないから」

第2回:「融資取引行と相思相愛になるためには?」

第3回:「融資審査担当者の心構え〜公共性の原則」

第4回:「融資は、決算内容だけで審査されているわけではありません」

についても、バックナンバーとして、購読購入は可能となっています。

⇒ 社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾のバックナンバーは、こちら

◆ 必要なときに、借入をして、資金繰りの安定化を図りたい

◆ 銀行が融資したくなる本当の交渉術を知りたい

という、中小企業経営者の方は、必見のメルマガとなっております。


(2012/6/7)

TOPボタン



融資対策のために!「融資審査のポイントセミナー」のご参加者様からのメールのご紹介

融資対策のために!「融資審査のポイントセミナー」のご参加者様からのメールのご紹介。

◆ 融資審査は、どのような点を主に見られているのだろう?

◆ 借入をしたいと検討しているが、ちょっと不安だ

このような融資に関するお悩みを解決するために、融資対策・資金繰り改善コンサルタントの銀行対策.comでは、セミナーを開催しています。

このたび、融資対策のために開催した「融資審査のポイントセミナー」のご参加者様から、メールをいただいたので、ご紹介します。


セミナーお礼メール


今回、融資審査のポイントセミナーにご参加していただいた方は、

◆ 創業して、1期が終了した中小企業経営者

◆ 事業拡大のために、借入を考えている

◆ 融資を申し込むのは、初めてなので、不安がある

ということ。

市販されている本を読んだが、いまひとつ、良く分からない。

ということもあり、融資審査のポイントセミナーにご参加されました。

現在、融資審査のポイントセミナーは、マン・ツー・マンセミナーなので、実際に、ご決算書を拝見しながらのセミナーとなっており、より理解しやすいものです

運転資金借入など、融資審査に不安がある場合は、是非、参加してみてくださいね!

⇒ 融資審査のポイントセミナーのお申込みは、こちら!

(2012/5/22)

TOPボタン


☆ 融資対策のために、定期的に、学びたい中小企業経営者向けの講座

融資残高シェアから、銀行は何を感じるのか?(銀行取引対策コンサルタントのメルマガ・バックナンバーの登録)

銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタント銀行対策.comでは、月に2回ほど、中小企業の資金繰り改善や銀行取引対策などに役立つ情報を、メルマガとして配信しています。

また、過去の資金繰り改善・銀行取引対策のメルマガを、メルマガ・バックナンバーとして、登録して、ご請求できるようにしております。 

「融資残高シェアから、銀行は何を感じるのか?」(2011年9月8日号)

*上記をクリックしていただきますと、ご請求画面が開きます。

なぜ、融資取引がある金融機関は、融資残高の一覧表を求めるのでしょうか?

融資残高一覧表から、何を知ろうとしているのでしょうか?

そのような銀行取引の疑問について、銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタントのメルマガで、配信したものです。

銀行や信金などと、上手に付き合って、資金繰りの安定化を図りたい、中小企業経営者の方に参考となるものです。

是非、お読みくださいね!

⇒ 銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタントのメルマガ・バックナンバーの一覧

(2012/5/10)

TOPボタン


▼ 登録月は、無料で購読できます!

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
(2021/10/10)
上手に銀行取引をして、資金繰りを楽にするための3つの心得とは?
(2021/10/6)
借入した設備資金を運転資金に使用しても問題ありませんか?リスクは?
(2021/10/2)お金を借りるための3つの心得・コツ(初心者編)
(2021/7/1)
新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は?
(2021/6/26)「新型コロナの影響による、特例リスケジュール制度の概要
(2021/2/9)担保が無くても、借りられますか?借入する方法とは?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン