銀行取引対策:十六銀行が愛知で営業攻勢との新聞記事から

銀行との上手な付き合い方!

銀行取引対策を具体的にアドバイスしている、銀行対策.com

岐阜県に地盤を置く、十六銀行が、愛知県で営業攻勢を強めるという新聞記事がありました。

十六銀行は、愛知県内で現在より10店ほど多い50店体制として、名古屋営業本部を置き、役員を常駐させ、意思決定を速め、中小企業融資と住宅ローンに力を入れる模様です。

銀行が、このような動きをする場合、まず考えられるのは、他の銀行や信金から借入がある中小企業などへ

◆ 低金利での融資攻勢

ですね。

ご注意いただきたいのは、地域への新規参入銀行や信金から

◆ 低金利だからといって、安易に、融資取引銀行を増やさない

ということです。

地域へ新規に参入した銀行や信金だからこそ

◆ 新規営業店の採算が悪ければ、撤退も容易

なのです。

従来からある店舗ですと、取引先も、それなりにあり、撤退すると影響があるので、余程の不採算店舗でないと撤退の決断がしにくいのですが・・・

新聞記事には、十六銀行は、岐阜銀行との合併により、200弱ある店舗を160に減らすということも書かれています。

では、新規参入行などから、低金利の融資攻勢があった場合、経営者として、するべきことは何でしょうか?

◆ 安易に、融資取引銀行は増やさない

◆ しかし、低金利の融資は魅力

こういうときこそ、現在の融資取引銀行などへ、金利交渉ができるチャンスです!

新規参入銀行から借入をされたくないという理由で、有利な融資提案を受けられるかもしれません。

・銀行や信金と、上手に付き合っていきたい経営者

・銀行取引対策の具体的なアドバイスが欲しい経営者

下記から、まずは、お問合せください! 

問い合わせボタン


⇒ 銀行取引対策の成功事例などは、こちら


16銀行

(2012/2/2) 


TOPボタン


<PR> 売上不振を解決したい経営者へのお勧め本

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!
「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!

売上160%アップ!資金繰りの悩みを解消して、営業に集中できた事例のご紹介

銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタントの銀行対策.comへご相談していただくメリットのひとつは、、

◆ 資金繰りの悩みを解消して、営業に集中できること

です。

資金繰りについて悩んでいると

◆ 資金繰りのことばかり考えて、営業に集中できない

◆ 営業に集中できないので、売上が、ますます厳しくなる

◆ 売上が厳しくなって、ますます資金繰りの悩みが増える

こんな悪循環に陥っていませんか?

このような資金繰りのお悩みをかかえていた方が、銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタントの銀行対策.comへご相談いただき、

◆ 資金繰りの悩みから解放されて、営業に集中でき

◆ 経営の方向転換にも成功して、売上が160%アップ

という、嬉しいメールをいただきました。

売上UP事例


◆ 資金繰りの悩みさえ解消できれば、営業に集中できるのに・・・

◆ 資金繰り改善のために、銀行から借入したいが、うまくいかない・・・

そんなお悩みなら、おひとりで悩まずに、銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタントの銀行対策.comへご相談くださいね!

問い合わせボタン


(2012/1/23)

TOPボタン


▼無料の銀行融資審査資料(PDF版)

事業計画書

中小企業が、金利競争をさせてはいけないワケ(資金繰り改善コンサルタントのメルマガ・バックナンバー)

中小企業の資金繰り改善をバックアップしています!

銀行対策コンサルタントのメルマガ・バックナンバーの登録のお知らせです。

「中小企業が、金利競争をさせてはいけないワケ」(2011年7月21日号)

*上記をクリックしていただきますと、メルマガ・バックナンバーのご請求画面が開きます。

融資審査の現場のことを良く知らない方の本などには、

「 銀行も仕入先の1社」

「だから、常に、天秤にかけて、条件の良い銀行を選べ!」

などと書かれているケースがあります。

本当に、それで良いのでしょうか?

実は、融資で金利競争をさせると、危険なこともあります。

元銀行融資審査役職者であり、圧倒的な融資審査実績のあるコンサルタントとして、融資審査の現場から、メルマガとして、「中小企業が、金利競争をさせてはいけないワケ」を書いたものです。

中小企業経営者として、融資で資金繰りの安定化を図っている方は、是非、参考にしてくださいね。

⇒ その他の銀行取引コンサルタントのメルマガ・バックナンバーは、こちら

メルマガボタン



 (2012/1/12)

TOPボタン


<PR>

銀行取引コンサルタントの銀行対策.com では、東京事務所の移転を行いました。

銀行取引コンサルタントの銀行対策.comでは、このたび、東京事務所を移転しました。

移転先の住所は、下記の通りです。

〒101−0062

東京都千代田区神田駿河台3−7
レン新御茶ノ水ビル 2F

【 移転先の地図 】


大きな地図で見る


*電話番号の変更はございません。

レン新御茶ノ水ビルは、銀行取引コンサルタントである、銀行対策.comのグループ事業の「貸し会議室・研修会場」を運営している会社の入居しているビルです。

⇒ レン貸し会議室の概要は、こちら

以前の新宿御苑の事務より、都心に近く、ご相談者様の利便性を考えての移転となりました。

◆ 銀行融資での資金調達や資金繰り改善

◆ 済猶予(リスケ)での経営改善・会社再生

◆ 起業・開業時の創業資金融資

◆ 住宅ローンなどの個人ローン

◆ 銀行との借入交渉などの銀行取引

以上のようなお悩みや素朴な疑問などに対して、丁寧にご回答させていただいております。

お問合せは、下記よりお願いします。

問い合わせボタン

銀行対策.comのホームページの情報は、順次更新します。

(2012/1/6)

渕本吉貴

バナーを作成

資金繰り改善コンサルタントの年末・年始の営業体制について

融資による資金調達・資金繰り改善

返済猶予(リスケ)による、経営改善・会社再生

起業・開業時の創業資金の借入

不動産投資・アパートローンの借入

住宅ローンなどの個人ローン

銀行取引対策

などの支援・サポートをしている、銀行対策.comの渕本です。

資金繰り改善コンサルタントの銀行対策.comでは、年末・年始の休業日を設けておりません。

下記ページのフォームからのお問合せ

問い合わせボタン

携帯電話:090−3216−1068 へのお問合せ

以上については、年末・年始で、ご回答が遅れることはあるかもしれませんが、できる限り迅速に対応しますので、どうぞ、おひとりで悩まずに、ご連絡をお願いします。

(2011/12/26) 

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
(2021/10/10)
上手に銀行取引をして、資金繰りを楽にするための3つの心得とは?
(2021/10/6)
借入した設備資金を運転資金に使用しても問題ありませんか?リスクは?
(2021/10/2)お金を借りるための3つの心得・コツ(初心者編)
(2021/7/1)
新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は?
(2021/6/26)「新型コロナの影響による、特例リスケジュール制度の概要
(2021/2/9)担保が無くても、借りられますか?借入する方法とは?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン