メイン銀行・メインバンクとは?:銀行対策コンサルタントの銀行用語の解説

メイン銀行、メインバンクとは、どのような銀行のことなのでしょうか?

中小企業や個人事業主さんが、上手に融資取引をして、資金繰りを改善するために、サポートをしている、銀行対策コンサルタントが、銀行用語を解説します。


銀行側が、考えている、メイン銀行、メインバンクとは、

◆ 融資残高が、一番多い銀行

と、なります。

メイン銀行・メインバンクとは?銀行対策コンサルタント

スポンサーリンク


Q:メイン銀行、メインバンクは、困ったときに、資金協力・金融支援をしてくれる、銀行のことを言うのではないでしょうか?

もちろん、スムーズに、資金協力をしてくれるのが、メイン銀行・メインバンクです。

しかし、融資残高が少ない銀行が、企業が困った時でも、スムーズに資金協力をしてくれるのか?というと、難しいのが、実態です。

資金繰りが逼迫したときに、融資残高の少ない銀行へ融資を申込むと、断られる可能性は高いと言えます。


Q:担保や信用保証協会の保証無しに、融資をしてくれるのが、メイン銀行・メインバンクではないのですか?

銀行の中には、営業戦略的に、担保や信用保証協会の保証無しに、融資を売り込んでいるケースがあります。

担保や信用保証協会の保証が無い融資をしているから、メイン銀行・メインバンクとは、限りません。

もちろん、担保や信用保証協会の保証なしでも、融資をするのが、メイン銀行・メインバンクの存在意義だとは思いますが。。。

保全率 = 融資残高に対する、保全(担保や信用保証協会の保証)の割合が、低いから、それだけで、メイン銀行・メインバンクと判断するのは、危険です。

(参考記事)

⇒ どの銀行から資金調達(銀行借入)をするか?


融資取引や銀行対策で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/8/23) 

TOPボタン 



融資の借入期間は、どのように決まるのか?:銀行対策

融資の借入期間は、どのように決まるのか?

中小企業や個人事業主さんの資金調達サポートでは、圧倒的な実績がある、銀行対策.comの渕本です。


お金を借りる際に、資金繰りを考えると、できるだけ、長い借入期間で、毎月の返済額を軽減したい、と考えますね。

しかし、融資取引銀行と交渉しても、思うようにならない、という相談があります。



今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、


融資の借入期間は、どのように決まるのか?

(第127回:2017年8月1日号)

元銀行融資審査課長で、他を圧倒する融資審査経験を持つ、銀行対策コンサルタントが、解説します。


【 今回のメルマガで、得られる効果 】

事業資金の融資期間が、どのように決まるのか?理解でき、今後の資金調達や銀行交渉に役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年8月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年9月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

資金繰り対策・資金調達アドバイザー

スポンサーリンク


【 融資の借入期間は、どのように決まるのか?:目次 】

1.融資の借入期間の決まり方とは?基本的な考え方の解説

2.設備資金の借入期間の決まり方とは?

3.運転資金の借入期間の決まり方とは?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。


・有利な条件で、事業資金を借りて、資金繰りを楽にしたい

・いつも銀行から厳しく言われるので、銀行対策をしっかりと学びたい

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年8月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年9月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行対策や融資条件で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/8/2) 

TOPボタン 



融資取引銀行とケンカをしないで、不満を解消する方法

融資取引銀行とケンカをしないで、不満を解消する方法

中小企業や個人事業主さんが、上手に銀行取引をできるように支援している、銀行対策.comの渕本です。


お金を借りている銀行とは、長い期間のお付き合いとなりますので、時には、不満が生じることもありますね。

融資取引銀行への不満の解決を目指して相談される経営者のなかには、ケンカ腰で、交渉しようとする人がいます。

しかし、ケンカ腰で交渉しても、不満が解決されることは、稀です。

逆に、事態を悪化させて、その後の融資取引に影響を及ぼすことも、ありますので。。。


今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、


融資取引銀行とケンカをしないで、不満を解消する方法

(第126回:2017年7月18日号)

元銀行融資審査課長で、融資審査や銀行の内情に詳しい、銀行対策コンサルタントが、解説します。


【 今回のメルマガで、得られる効果 】

融資取引銀行への不満がある場合に、どのようにすれば良いのか理解でき、今後の融資取引に役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年7月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年8月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

融資取引の不満を解決する、銀行対策コンサルタント

スポンサーリンク


融資取引銀行とケンカをしないで、不満を解消する方法:目次】

1.融資取引銀行への不満が生じた理由は、何なのでしょうか?

2.銀行側に原因がありそうなケースで、不満を解消する方法とは?

3.お金を借りている側に原因がありそうなケースで、不満を解消する方法とは?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。


☆ 7月中に読者登録をすると、同時配信される、メルマガ ☆

⇒ 金融検査マニュアルが廃止されると、借りやすくなるのか?目次などは、こちら


・上手に銀行取引をして、資金繰りを安定させたい

・融資取引の不満を解消して、スムーズに資金調達したい

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年7月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年8月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行対策や資金調達で、お困りなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/7/20) 

TOPボタン 



短期継続融資とは?中小企業でも借入できますか?

短期継続融資とは?中小企業でも借入できますか?

中小企業や個人事業主さんの資金繰りをサポートしている、銀行対策.comの渕本です。

今回は、銀行融資について、よくある質問のうち、短期継続融資について、説明します。


【 短期継続融資とは? 】

短期継続融資とは、正常運転資金で、期日一括返済の短期融資のことです。

短期融資とは、返済期日が1年以内のもの。

短期継続融資は、いわゆる「短コロ」(短期融資のコロガシ)と言われるものです。

短期継続融資は、原則として、「手形貸付」「当座貸越」で、融資される形態となります。

短期継続融資は、期日一括返済となっていますが、「手貸の書替」や「当座貸越の期日延長」などで、返済を求めないで、融資を継続するという銀行の融資事務となります。

このような短期継続融資が可能なのは、正常運転資金の範囲内であれば、「事業を継続する限り、必要な運転資金」であるからです。

⇒ 正常運転資金を算出できる、無料のエクセルシートのご請求は、こちらから

銀行対策コンサルタント

スポンサーリンク


【 短期継続融資は、中小企業でも借入できますか? 】

短期継続融資は、正常運転資金の範囲内であれば、中小企業でも借入できます。

但し、正常運転資金は、売上や売掛金回収条件、在庫状況、仕入れ条件などにより、変化しますので、正常運転資金の全額を短期継続融資にすることは、難しいとお考えください。

短期継続融資は、正常運転資金のうち、一部を借入できるものです。

⇒ 短期継続融資での運転資金の調達方法とは?は、こちらの記事をご覧ください。


銀行対策や運転資金の借入で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/6/27) 

TOPボタン 



資金繰りが厳しくなった場合、銀行交渉で、できることとは?

資金繰りが厳しくなった場合、銀行交渉で、できることとは?

中小企業や個人事業主さんの資金繰り改善を支援している、銀行対策.comの渕本です。


中小企業の社長さんや個人事業主さんから、

『 資金繰りが厳しいので、何とか、融資を引き出せないか? 』

とか

『 返済を少なくするために、リスケ(返済猶予)をしたい 』

という相談を受けます。



今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、


資金繰りが厳しくなった場合、銀行交渉で、できることとは?

(第123回:2017年6月6日号)

元銀行融資審査課長で、事業資金の資金調達・資金繰り改善に詳しい、銀行対策コンサルタントが、解説します。


【 今回のメルマガで、得られる効果 】

資金繰りが厳しい場合に、どのような順序で準備し、銀行交渉をすれば良いのか?という、経営判断に役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年6月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年7月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

資金調達・資金繰り改善・銀行対策コンサルタント

スポンサーリンク


資金繰りが厳しくなった場合、銀行交渉で、できることとは?:目次】

1.資金繰りが厳しくなった、理由は、何なのか?

2.資金繰りが厳しくなった場合は、【 支払の優先順位 】を付けること

3.資金繰りが厳しくなった場合、銀行との交渉方法とは?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。


・銀行との交渉方法を学び、資金調達、資金繰り改善に役立てたい

・銀行対策をして、上手に融資取引をしたい

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年6月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年7月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行対策、担保や保証で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/6/8) 

TOPボタン 



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
(2021/10/10)
上手に銀行取引をして、資金繰りを楽にするための3つの心得とは?
(2021/10/6)
借入した設備資金を運転資金に使用しても問題ありませんか?リスクは?
(2021/10/2)お金を借りるための3つの心得・コツ(初心者編)
(2021/7/1)
新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は?
(2021/6/26)「新型コロナの影響による、特例リスケジュール制度の概要
(2021/2/9)担保が無くても、借りられますか?借入する方法とは?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン