仕入支払サイトを短縮する資金は、借入できますか?銀行対策

仕入支払サイトを短縮する資金は、借入できますか?

運転資金借入の悩みを解決する、銀行対策.comの渕本です。


仕入先から、支払を早くしてもらえれば、値引きをするとの提案がありました。

しかし、仕入資金の支払いを早くするための資金が不足しています。

という、資金繰りの相談がありました。



今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、


仕入支払サイトを短縮する資金は、借入できますか?

(第132回:2017年10月17日号)

元銀行融資審査課長で、運転資金借入をサポートする、銀行対策コンサルタントが、解説します。


【 今回のメルマガで、得られる効果 】

仕入支払サイトの短縮による、収支改善と、そのための運転資金を借入することに役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年10月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年11月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

運転資金借入の悩みを解決する、銀行対策.com

スポンサーリンク


【 仕入支払サイトを短縮する資金は、借入できますか?:目次 】

1.仕入支払サイトの短縮を要請された場合の注意点とは?

2.支払サイトの短縮による、融資の引き出し方とは?

3.収支改善のために、自社から、支払サイトを短縮するための資金を借入できますか?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。


・どうしたら、運転資金を借りれるのか、いつも悩んでいる

・融資で苦労して、資金繰りが安定せず、不安だ

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年10月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年11月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行対策や運転資金で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/10/19) 

TOPボタン 



複数の銀行と融資取引をしている場合、上手な運転資金の申込み方法とは?

複数の銀行と融資取引をしている場合、上手な運転資金の申込み方法とは?

中小企業や個人事業主さんの運転資金借入を支援する、銀行対策.comの渕本です。


2か月くらい先に、運転資金が、5000万円必要となりそうです。

現在、複数の銀行と融資取引をしていますが、どの銀行へ申し込めば良いでしょうか?

という相談がありました。


今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、


複数の銀行と融資取引をしている場合、上手な運転資金の申込み方法とは?

(第131回:2017年10月3日号)

元銀行融資審査課長で、上手に運転資金を借りる方法をサポートする、銀行対策コンサルタントが、解説します。


【 今回のメルマガで、得られる効果 】

上手に、運転資金を借りる方法が理解でき、安定した資金調達をすることに役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年10月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年11月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

運転資金を借りる方法、銀行対策コンサルタント

スポンサーリンク


複数の銀行と融資取引をしている場合、上手な運転資金の申込み方法とは?:目次】

1.運転資金が必要となった場合、資金使途を検証しましょう!

2.運転資金の資金使途を把握する方法とは?

3.複数の銀行と融資取引をしている場合、上手な運転資金の申込み方法とは?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。


・運転資金の借入で、いつも、苦労している

・複数の銀行と、上手に融資取引をしたい

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年10月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年11月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行対策や運転資金で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/10/4) 

TOPボタン 



融資を断られる経営者に共通するポイントとは?:銀行対策

融資を断られる経営者に共通するポイントとは?

銀行対策.comには、中小企業や個人事業主さんから、多くの事業資金の借入相談がありますが、

◆ 融資を断られた

という、経営者さんには、共通するポイントがあります。


『 商品やサービスには自信があるのに、銀行は分かってくれない 』

と、融資を断られた経営者から、良く聞く、台詞です。

しかし、実際は、銀行が分かってくれないのではなく、お金を借りる側に理解してもらうための努力が不足しているのです。



事業資金の借入相談、銀行対策コンサルタント


スポンサーリンク


例えば、

自信があるという、商品やサービスが、数字として決算内容や試算表で、示せていますか?

あるいは、

自信があるという、商品やサービスが、どのように売上や利益をもたらすのか、具体的で、実現性の高い、事業計画書で、説明できていますか?

現在は、事業性評価融資がトレンドですが、事業性評価を受けるために、十分な情報提供を、自らしていますか?


また、事業計画書や事業性評価での情報提供でも、

◆ 専門用語が多く、その業種を知らない人には、理解が難しい

◆ 数字の羅列が多く、その数字の算出根拠が、具体的に示せていない

ということもあります。


これでは、いくら商品やサービスに自信があると言っても、融資審査をする側は、理解できず、融資を断らざるを得なくなってしまいます。

融資を断られた、銀行は分かってくれないと嘆く前に、お金を貸す側の目線で、融資を受けるための資料提供、情報提供ができているのか、見直してみてください。

⇒ 融資を受けるための事業計画書(雛形・サンプル)は、無料で、ご提供しています。

融資を断られたという、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/9/13) 

TOPボタン 



メイン銀行・メインバンクとは?:銀行対策コンサルタントの銀行用語の解説

メイン銀行、メインバンクとは、どのような銀行のことなのでしょうか?

中小企業や個人事業主さんが、上手に融資取引をして、資金繰りを改善するために、サポートをしている、銀行対策コンサルタントが、銀行用語を解説します。


銀行側が、考えている、メイン銀行、メインバンクとは、

◆ 融資残高が、一番多い銀行

と、なります。

メイン銀行・メインバンクとは?銀行対策コンサルタント

スポンサーリンク


Q:メイン銀行、メインバンクは、困ったときに、資金協力・金融支援をしてくれる、銀行のことを言うのではないでしょうか?

もちろん、スムーズに、資金協力をしてくれるのが、メイン銀行・メインバンクです。

しかし、融資残高が少ない銀行が、企業が困った時でも、スムーズに資金協力をしてくれるのか?というと、難しいのが、実態です。

資金繰りが逼迫したときに、融資残高の少ない銀行へ融資を申込むと、断られる可能性は高いと言えます。


Q:担保や信用保証協会の保証無しに、融資をしてくれるのが、メイン銀行・メインバンクではないのですか?

銀行の中には、営業戦略的に、担保や信用保証協会の保証無しに、融資を売り込んでいるケースがあります。

担保や信用保証協会の保証が無い融資をしているから、メイン銀行・メインバンクとは、限りません。

もちろん、担保や信用保証協会の保証なしでも、融資をするのが、メイン銀行・メインバンクの存在意義だとは思いますが。。。

保全率 = 融資残高に対する、保全(担保や信用保証協会の保証)の割合が、低いから、それだけで、メイン銀行・メインバンクと判断するのは、危険です。

(参考記事)

⇒ どの銀行から資金調達(銀行借入)をするか?


融資取引や銀行対策で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/8/23) 

TOPボタン 



融資の借入期間は、どのように決まるのか?:銀行対策

融資の借入期間は、どのように決まるのか?

中小企業や個人事業主さんの資金調達サポートでは、圧倒的な実績がある、銀行対策.comの渕本です。


お金を借りる際に、資金繰りを考えると、できるだけ、長い借入期間で、毎月の返済額を軽減したい、と考えますね。

しかし、融資取引銀行と交渉しても、思うようにならない、という相談があります。



今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、


融資の借入期間は、どのように決まるのか?

(第127回:2017年8月1日号)

元銀行融資審査課長で、他を圧倒する融資審査経験を持つ、銀行対策コンサルタントが、解説します。


【 今回のメルマガで、得られる効果 】

事業資金の融資期間が、どのように決まるのか?理解でき、今後の資金調達や銀行交渉に役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年8月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年9月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

資金繰り対策・資金調達アドバイザー

スポンサーリンク


【 融資の借入期間は、どのように決まるのか?:目次 】

1.融資の借入期間の決まり方とは?基本的な考え方の解説

2.設備資金の借入期間の決まり方とは?

3.運転資金の借入期間の決まり方とは?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。


・有利な条件で、事業資金を借りて、資金繰りを楽にしたい

・いつも銀行から厳しく言われるので、銀行対策をしっかりと学びたい

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年8月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年9月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行対策や融資条件で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/8/2) 

TOPボタン 



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2022/6/10)
運転資金の借り方、資金調達の悩み電話相談の新サービスを公開しました!
(2022/6/1)銀行への決算書の提出は、社長自ら行く、持参すべきなのか?
(2022/4/18)決算説明をして、銀行から、お金を借りやすくする方法とは?
(2022/3/5)銀行の企業評価:債務償還年数の計算方法とは?
(2022/2/13)決算内容より重要な公共性の原則とは?融資審査の仕組みを解説!
(2022/2/2)創業資金の借り方:自己資金はいくら必要なのか?
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン