銀行への訪問回数を多くすると融資が引き出せるのですか?

中小企業や個人事業主さんの融資での資金調達サポートをしている、銀行対策.comの渕本です。


資金調達に悩まれている、中小企業の社長さんからの相談事例です。

いろいろなセミナーに参加したり、本を読んで、参考にしています。

■ 銀行への訪問回数を、多くすれば、融資を引き出せる ■

と聞いたのですが、本当でしょうか?

また、銀行へ訪問する時のポイントがあれば、教えてください。


今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、


銀行への訪問回数を多くすると融資が引き出せるのですか?

(第102回:2016年7月5日号)

元銀行融資審査課長で、上手な融資取引方法をアドバイスする、コンサルタントが、本音で、解説します。


【 今回のメルマガで、得られる効果 】

銀行訪問の意味や方法などを知り、上手に銀行取引をすることで、資金調達に役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2016年7月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2016年8月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

銀行から融資を引き出す方法をアドバイスする、コンサルタント

スポンサーリンク


銀行への訪問回数を多くすると融資が引き出せるのですか?:目次 】

1.融資を引き出すためには、銀行を訪問した方が良いのか?

2.銀行への訪問回数を多くすると融資が引き出せるのか?

3.借りてください、となるための銀行訪問のポイントとは?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。

・銀行から、融資を引き出す方法を知りたい

・上手に銀行と融資取引をして、運転資金に悩まないようにしたい

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2016年7月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2016年8月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行との融資取引で、お困りなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2016/7/6) 

TOPボタン 


創業資金融資の自己資金:親からの借入は認められるのか?

創業資金融資の自己資金について

親からの借入は、自己資金として、認められますか?

創業資金融資を受けたい方から、良くある、ご質問です。

創業資金融資に詳しく、具体的で実践的なアドバイスをしている、元銀行融資審査課長のコンサルタントが、動画で解説しています。 

 

 

 
スポンサーリンク

親からの借入ではなく、贈与なら、創業資金融資で自己資金となるのか?

会社を設立して、親が出資した場合は、創業資金融資で自己資金となるのか?

についても、解説していますので、創業資金融資で、開業・起業を考えている方は、是非、ご覧になってくださいね。


⇒ 創業資金融資の獲得を目指す方へ!起業計画書作成セミナー

⇒ 作成した、起業計画書の不安を解消するサービスは、こちら


無料の起業計画書(サンプル・雛形)は、こちら

起業計画書

 

創業資金の借り方で、お悩みなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2016/6/25) 

TOPボタン 

 


資金繰り表の見方:経常収支の部〜運転資金の借り方〜

中小企業の資金繰りをサポートする、銀行対策.comの渕本です。

運転資金の借り方で、大切なのは、融資をする側に、自社の事業状況を良く把握してもらうことです。

そのために、決算書や試算表だけでなく、資金繰り表を作成して、銀行へ提出するようにしてくださいね。

作成する資金繰り表ですが、銀行は、融資審査で、どのように見ているのか?

今回は、資金繰り表の見方のうち、経常収支の部について、下記の動画で解説しましたので、ご覧ください。

 



スポンサーリンク


資金繰り表の見方については、下記のページでも、解説しています。

⇒ 資金繰り表の検証のポイントは、こちら

資金繰り表のサンプル・見本(PDF版)については、無料で、ご提供しています。 

__sozai__/0011450.png


資金繰り表の書き方で、お困りなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2016/6/17) 

TOPボタン 



銀行からプロパー融資を受ける方法とは?

中小企業や個人事業主さんの融資での資金調達サポートをしている、銀行対策.comの渕本です。


中小企業の社長さんから、良くある相談です。

『 銀行からの運転資金融資は、ズムーズに受けられています。 』

『 しかし、すべて、信用保証協会の保証付き融資です。 』

『 保証料も必要なので、信用保証協会の保証なしの融資を受けられませんか? 』

いわゆる 【 銀行からのプロパー融資を受けたい 】という相談です。


今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾において、


銀行からのプロパー融資を受ける方法とは?

(第100回:2016年6月7日号)

元銀行融資審査課長で、融資審査に精通し、多くのプロパー融資に取り組んだ、資金調達コンサルタントが、解説しました。

【 今回のメルマガで、得られる効果 】

銀行からプロパー融資を受けるための方法が把握でき、上手に銀行と融資取引をすることに役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2016年6月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2016年7月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

銀行からの融資の受け方をサポートするコンサルタント

スポンサーリンク


【 銀行からプロパー融資を受ける方法とは?:目次 】

1.プロパー融資と信用保証協会の保証付き融資の審査の違いとは?

2.プロパー融資と信用保証協会の保証付き融資のメリットとデメリットとは?

3.銀行からプロパー融資を受ける方法とは?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。

・そろそろ、信用保証協会の保証付き融資以外も借入したい

・上手に銀行と融資取引をして、資金繰りに悩まないようにしたい

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2016年6月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2016年7月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行からの融資で、お困りなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2016/6/13) 

TOPボタン 



実質的な債務超過とは?(銀行が決算書を見るポイント)

実質的な債務超過とは?

銀行へ決算書を提出した、中小企業の社長さんからの相談です。

決算書では、債務超過では無いはずなのに。。。

銀行の融資担当者から、『 御社は、債務超過ではありませんか? 』 と言われたとのことです。

元銀行融資審査課長で、融資審査に詳しい、銀行対策コンサルタントが、銀行が決算書を見るポイントについて、下記の動画で、解説しています。


スポンサーリンク


⇒ 決算書の内容で、銀行から何を聞かれそうなのか?不安な方


【 無料小冊子 】 借りられる企業になるための決算書対策(基礎編)

__sozai__/0010593.jpg


銀行への決算説明で、お困りなら、下記から、ご相談ください。

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2016/6/9) 

TOPボタン 



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
(2021/10/10)
上手に銀行取引をして、資金繰りを楽にするための3つの心得とは?
(2021/10/6)
借入した設備資金を運転資金に使用しても問題ありませんか?リスクは?
(2021/10/2)お金を借りるための3つの心得・コツ(初心者編)
(2021/7/1)
新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は?
(2021/6/26)「新型コロナの影響による、特例リスケジュール制度の概要
(2021/2/9)担保が無くても、借りられますか?借入する方法とは?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン