銀行融資での資金調達、リスケによる事業再生のための銀行対策

皆さんは、ご商売で顧客のニーズを掴もうと頑張っていらっしゃると思います。

顧客のニーズが把握できて、顧客のニーズに応えられれば、売上も安定すると思います。

銀行融資での資金調達で、資金繰りを安定させるのも、リスケによる事業再生で、経営を改善するのも、貸し手である銀行のニーズを把握して、銀行のニーズに応えられれば、スムーズに話がまとまります。

だから、銀行融資での資金調達やリスケによる事業再生をするために、銀行対策をする必要があるのです。

例えば、融資を相談する場合に必要な資金繰り表や事業計画書、リスケ相談に必要な経営改善計画書などですが、銀行が融資をしたくなるような、銀行がリスケに応じ易いような、書き方や説明の仕方があります。

                    → 経営改善計画書作成セミナーのお申し込みは、こちら

銀行に相談した時に、いろいろと聞かれて、上手く答えられなかった経験はありませんか?

銀行員は、資金繰り表や事業計画書、経営改善計画書のポイントを尋ねながら、経営者や経理責任者の応対態度を実に良く見ています。

上手く説明ができていなかったり、聞きたいことから答えのポイントがズレていた時などは・・・
「この資金繰り表や事業計画書(経営改善計画書)は、信じられないなぁ・・・」と考えます。

こうなると、銀行融資での資金調達やリスケによる事業再生への協力は、難しくなってしまうのです。

さらに怖いのは、銀行というところは、ご商売の営業先に対するような「あの手この手の提案」ができないのです。

一度行った説明は、後から別の説明をしても通用しません。

例えば、設備資金で申し込み金額が大きすぎる(過大投資)と言われ、申し込み金額を下げて再度申し込んでも、資金調達は難しいのです。

銀行員は・・・
「最初の設備投資金額でないとこの事業はできないと考えていたんじゃないのか?」
「金額を下げてもできるなら、負担を抑えて最初からこの金額で申し込んでくるのが普通じゃないのか?」
と考えて、最後には、
「計画性が無いのに、この設備投資による事業計画書は信じられない・・・」
判断するのです。

                    → 経営改善計画書作成セミナーのお申し込みは、こちら

さて、銀行対策.comへは、一度銀行へ融資の相談をして断られた方々から、多くのご相談があります。

そのような方々に、銀行のニーズをアドバイスさせていただきております。

銀行のニーズを掴んで・・・
・同じ資金繰り表や事業計画書で、説明の仕方を変えただけで、別の銀行から融資による資金調達に成功した方
・資金繰り表や事業計画書を練り直し、銀行のニーズに合った説明をして一度断られた銀行から資金調達に成功した方
・経営改善計画書を練り直し、銀行がリスケに応じやすいような交渉で、事業再生に目途が立った方
などが、いらっしゃいます。

銀行へ融資による資金調達やリスケによる事業再生を相談に行く前であれば、より良い方法があります。

一度、銀行へ融資による資金調達やリスケによる事業再生を断られても、諦めることはありません。
銀行対策をしっかりと行って、再度、相談してみましょう。

                    → 経営改善計画書作成セミナーのお申し込みは、こちら

銀行融資による資金調達やリスケによる銀行対策.comへは、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらからお願いします。

                                 銀行対策.comのサービス内容・報酬体系は、こちら(←クリック)

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
(2018/3/14)設備資金の借入後に、実際の必要資金を下回ったら、どうなるのか
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン