貸し渋り対策 貸し剥し対策 事業計画書・経営改善計画書作成のポイント

融資での資金調達・資金繰りコンサルティング

返済猶予(リスケ)での経営改善・事業再生コンサルティング

創業・起業・開業コンサルティング

銀行対策(銀行とのお付き合い)コンサルティング

では、多くの中小企業経営者の方々から、事業計画書や経営改善計画書の書き方や作り方についてのご相談がございますので、事業計画・経営改善計画書を作成する際のポイントを
ご紹介します。

1.事業計画書・経営改善計画書作成の最重要ポイント

2.起業(創業)・新規事業の事業計画書作成のポイント


3.既存事業の事業計画書作成のポイント

4.リスケ(リスケジュール)の場合の経営改善計画書作成のポイント

5.経営改善計画書は、どの程度のものが必要なのでしょうか?



<融資審査で重要な書類である、資金繰り表の書き方です!>

ユビ資金繰り表セミナーボタン


*事業計画書・経営改善計画書の書き方や作成の仕方や悩み

*作成後の事業計画書・経営改善計画書の内容について、アドバイスを求めたい方

などは、ひとりでお悩みになられずに、銀行対策.comへお問い合わせください。

 問い合わせボタン

                   ⇒ 資金繰り・資金調達コンサルタントのTOPページへ戻る



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
(2018/3/14)設備資金の借入後に、実際の必要資金を下回ったら、どうなるのか
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン