住宅ローンの選び方

住宅ローンについても、ご相談が多いので、カテゴリーを開設しました。

住宅ローンについては、ご収入とご返済の比率で審査されるのが原則です。

ご購入される予定の自宅についての担保評価ですが、近隣事例を参考に評価され、近隣事例とかけ離れた購入価格でない限り、概ね売買価格の70%〜80%とお考えください。

頭金が、どれだけ用意できれば審査が通り易いか?ですが、現在では、100%ローンの住宅ローンが登場していますので、こまめにネットで探されるのをお勧めします。

住宅ローンについて、一括で比較できるサイトやネットでシミュレーションをできるサイトを参考にしてください。 

                                          ⇒ 住宅ローンのご参考サイト

住宅ローンを選ぶ場合、@購入予定物件のお近くにある銀行へ相談に行く、Aネットで相談を申し込める銀行へ相談するということが考えられます。
もう一つの選択肢が、仲介する不動産業者から住宅ローンを借りる銀行を紹介してもらうというものがあります。
不動産業者は、住宅が売れた時の仲介手数料が収入になるので、住宅の購入希望者が住宅ローンを組めないと、収入が入ってこない場合が多いのです。(売買契約書に、多くの場合「ローン特約条項」が存在するため)
したがって、不動産業者は、住宅ローンを持ち込める親しい銀行が何行か存在すると思います。
また、多くの顧客と接しているので、「こういうお客様なら、住宅ローンが組めた」という経験値があることが多いのです。
下記のようなサイトでご自身で探したり、⇒ご参考サイトでご相談したり、不動産業者へご相談したりしてみてください。

 

*住宅ローンを含めたライフプランについては、1級ファイナンシャルプランニング技能士がお話をお伺いいたしますので、お気軽にこちらからお問い合わせください。

 

住宅ローンの借入金利について

これから自宅を購入して住宅ローンをお借入しようとご検討されている方、現在住宅ローンをお借入の方で金利の見直しの時期や住宅ローンの借り換えをお考えの方などに向けて、住宅ローンの借入金利についてです。

ご自宅を購入される機会というのは、人生で何度もあることではありませんし、住宅ローンの返済が家計に占める割合が高いので、迷われる方が多いと思います。

それでは、住宅ローンの借入金利は、何が一番良いのか?

これは、それぞれの方のライフプランを考える必要がありますので、この場で「これがお勧め?」というものはありません。

住宅ローンの参考サイトなどで、シミュレーションをしてみることも大切です。

                                     ⇒ 住宅ローンのご参考サイト

住宅ローンの借入金利でお悩みの方は、1級ファニナンシャルプランニング技能士がご相談させていただきますので、まずはお気軽にこちらからお問い合わせください。

住宅ローンの借入金利は、いろいろと種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。 

「銀行対策.com」では、ご相談される方のライフプランやライフプランに応じたリスク許容度なども考え、住宅ローンの借入金利についてのアドバイスをさせていただきます。
お気軽にこちらから、お問い合わせください。

 

金融円滑化法での住宅ローン条件変更の相談方法について、銀行取引コンサルタントである銀行対策.comがご説明します

住宅ローンの条件変更についても、金融円滑化法の施行により、従来より相談し易くなって
います。

しかし、住宅ローンの条件変更は、中小企業などの条件変更に比べて、対応方法が限定的であるのが現状です。

それは、住宅ローンの借入者の定例収入に返済の依存度が高く、家計費の削減や保有財産などが限られているからです。

金融円滑化法で、住宅ローンの条件変更の申し出に対して、金融機関に対応することが
求められていても、住宅ローンの条件変更に応じるか否かは、金融機関の努力義務に
過ぎません。

したがって、住宅ローンの条件変更の相談を金融機関にする前に、住宅ローンの借入者が
事前にどのようなことが求められるのか?を把握して、準備をする必要があります。

銀行取引コンサルタントである銀行対策.comでは、住宅ローンの条件変更についてのご相談が増加しておりますので、住宅ローンの条件変更の事前準備項目をフローシートにてご提供
しています。

住宅ローンの条件変更を考えるための「住宅ローン条件変更相談事前準備フローシート」については、下記のフォームからご請求ください。

住宅ローン条件変更相談事前準備フローシートのPDFを開く、URLをお知らせします。

E-Mail ※必須
*携帯メール不可
半角で、入力してください
お名前 ※必須 (例:融資一郎)
ご質問などは、こちら


TOPボタン



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン