運転資金を銀行融資で資金調達するための銀行対策

銀行融資(借入)での資金繰り改善・資金調達、リスケ(返済猶予)での事業再生(経営改善)、起業支援、銀行対策(銀行との交渉方法、銀行との付き合い方)、コンサルタントの銀行対策.comへご相談の多い「運転資金」を銀行融資で資金調達をするための銀行対策について、説明します。

〜良くある融資の相談の仕方〜

「月末の経費支払いのために、運転資金の融資をお願いしたい」

このような銀行融資のご相談をしてはいけません!

銀行融資を受けて、月末の経費を払うから、運転資金の借入ではないのです。

銀行員が知りたいのは「月末の経費を支払う資金が不足となる原因・理由」です。

資金繰りをしっかりと把握して、「なぜ資金が不足となりそうなのか?」という原因・理由を考えてから、銀行へ融資での資金調達の相談をするようにしましょう。

〜自社の必要運転資金の金額を把握しましょう〜

運転資金を銀行融資で資金調達するために、まずは、自社の経常運転資金の金額を把握しましょう。

▼ 運転資金の借入可能予想額を、簡易に計算できる、エクセルシートをご提供中!

btn2_blue_9.png


決算書から、経常運転資金の金額を算出します。

売上高÷12(決算期間が、12ヶ月未満の場合は、実際の決算期間の月数)=平均月商

売掛債権÷平均月商=売掛債権回転期間
*売掛債権=受取手形(割引手形を含む)+売掛金(不良債権は除く)

棚卸資産÷平均月商=棚卸資産回転期間
*棚卸資産からは、不良在庫を除く

買掛債務÷平均月商=買掛債務回転期間
*買掛債務=支払手形(割引手形を含む)+買掛金

平均月商×(売掛債権回転期間+棚卸資産回転期間−買掛債務回転期間)
 =経常運転資金
*平均月商の1ヶ月〜2ヶ月分を手元現金として認めて、経常運転資金という場合が多い。

(例)
平均月商=50百万
売掛債権回転期間2ヶ月、棚卸資産回転期間1ヶ月、買掛債務回転期間1.5ヶ月
経常運転資金=50百万×(2+1−1.5)=75百万
経常運転資金として認められる範囲は、75百万に平均月商の1ヶ月分50百万〜2ヶ月分
100百万を加えた、125百万〜175百万となります。

▼ 運転資金は、いくら借りれるの?運転資金借入可能額算出簡易シート(エクセル)

btn2_blue_9.png


 運転資金を銀行融資で資金調達をお考えの方で、いまひとつ上手く交渉ができないというお悩みのある方

資金繰り表の書き方や作成が分からず、ご不安な方

などは、お気軽に、銀行対策.comへお問い合わせください。
 

 問い合わせボタン

TOPボタン
 

 

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/1/18)
2018年度の事業承継税制の改正(大綱)ポイント:自社株の贈与・相続問題
(2018/1/9)中小企業と大企業では、融資審査に違いがあるのか
(2018/1/5)
10坪・家賃10万円でジム・サロン開業!&創業資金融資の獲得!基礎セミナー
(2018/1/1)年始のご挨拶:銀行対策コンサルタント
(2017/12/20)事業性評価の概要、項目、融資へ繋げる方法
(2017/12/14)銀行への決算説明で失敗した場合に、今後、できることは?
(2017/12/8)創業資金融資の電話相談で、後払いでのサービスを開始しました!
(2017/12/6)信用保証制度改正のポイントと、これからの資金調達方法
(2017/11/29)決算書を銀行へ提出する前にすることとは?
(2017/11/24)中小企業には、メインバンクは必要ないのか?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン