金融円滑化法での住宅ローン条件変更の相談方法について、銀行取引コンサルタントである銀行対策.comがご説明します

住宅ローンの条件変更についても、金融円滑化法の施行により、従来より相談し易くなって
います。

しかし、住宅ローンの条件変更は、中小企業などの条件変更に比べて、対応方法が限定的であるのが現状です。

それは、住宅ローンの借入者の定例収入に返済の依存度が高く、家計費の削減や保有財産などが限られているからです。

金融円滑化法で、住宅ローンの条件変更の申し出に対して、金融機関に対応することが
求められていても、住宅ローンの条件変更に応じるか否かは、金融機関の努力義務に
過ぎません。

したがって、住宅ローンの条件変更の相談を金融機関にする前に、住宅ローンの借入者が
事前にどのようなことが求められるのか?を把握して、準備をする必要があります。

銀行取引コンサルタントである銀行対策.comでは、住宅ローンの条件変更についてのご相談が増加しておりますので、住宅ローンの条件変更の事前準備項目をフローシートにてご提供
しています。

住宅ローンの条件変更を考えるための「住宅ローン条件変更相談事前準備フローシート」については、下記のフォームからご請求ください。

住宅ローン条件変更相談事前準備フローシートのPDFを開く、URLをお知らせします。

E-Mail ※必須
*携帯メール不可
半角で、入力してください
お名前 ※必須 (例:融資一郎)
ご質問などは、こちら


TOPボタン



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
(2018/3/14)設備資金の借入後に、実際の必要資金を下回ったら、どうなるのか
(2018/3/7)融資を受けるために注意したい、決算対策とは?
(2018/2/21)融資審査を早くしてもらい、回答を得る方法
(2018/2/19)リスケ(返済猶予)の経営改善計画書の銀行への提出:共通の書式・ひな形はありますか?
(2018/2/13)はれのひ(株)が破産に至った原因の考察と銀行対策
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン