資金調達(銀行融資・銀行借入)が難しい場合は、リスケ(リスケジュール)を検討しましょう

銀行対策.comへご相談に訪れる方の多くは、銀行対策(銀行とのお付き合い)や資金調達(銀行融資・銀行借入)でお悩みの方です。

必要な資金調達(銀行融資・銀行借入)が難しい場合は、どうすればいいのでしょうか?
諦めないでください。やり方によっては、資金調達(銀行融資・銀行借入)ができるかもしれません。
まずは、お1人で悩まずに、こちらからお問い合わせください。

                    → 経営改善計画書作成セミナーのお申し込みは、こちら

しかし、新たに資金調達(銀行融資・銀行借入)が難しい場合には、借入の返済方法を変えてもらうこと(返済条件の変更)を検討しておきましょう。
返済条件の変更は、リスケジュール(リスケ)と言います。
リスケ(リスケジュール)は、事業再生には不可欠と言っても良いでしょう。

「借りたものは、返す」

これが当たり前のことですが、怖がらないでください。

「借りたものは、返す。でも、今は難しい・・・」

企業を再建(再生)して、元のように返済できるまでの間、銀行に協力してもらいましょう。

                    → 経営改善計画書作成セミナーのお申し込みは、こちら

*リスケ(リスケジュール)に不可欠な経営改善計画書(サンプル)のご請求は、こちらからお願いします。

*新規の資金調達(銀行融資・銀行借入)でお悩みの方、銀行融資(銀行借入)の返済でお悩みの方、事業再生に向けたリスケ(リスケジュール)を検討されている方など、お気軽にこちらからお問い合わせください。

リスケ(リスケジュール)をすると信用を失うのでは・・・」

これは、間違いです。
銀行は、安易にはリスケ(リスケジュール)に応じてくれません。
企業再建(事業再生)が出来る見込みがあって、初めてリスケ(リスケジュール)に応じてくれるのです。
したがって・・・

「事業再生(会社再建)が出来る企業である」という新たな信用を勝ち取ると思ってください。

                    → 経営改善計画書作成セミナーのお申し込みは、こちら

*リスケ(リスケジュール)に不可欠な経営改善計画書(サンプル)のご請求は、こちらからお願いします。

*新規の資金調達(銀行融資・銀行借入)でお悩みの方、銀行融資(銀行借入)の返済でお悩みの方、事業再生に向けたリスケ(リスケジュール)を検討されている方など、お気軽にこちらからお問い合わせください。

リスケ(リスケジュール)をすると、返済が元に戻り事業再生(会社再建)が出来るまで、新規の資金調達(銀行融資・銀行借入)はできないと思ってください。
したがって、資金繰り表で資金繰りの状況を把握して、早め早めに銀行と交渉(銀行対策)をしてください。

*資金繰り表作成については、「資金繰り表作成支援パック」をご利用ください。詳しくは、こちらをご覧ください。
*リスケ(リスケジュール)に不可欠な経営改善計画書(サンプル)のご請求は、こちらからお願いします。

リスケ(リスケジュール)の手順は、次の通りです。

1.現状の資金繰り表を作成する → 資金繰り表(サンプル・PDF)
2.支払先一覧を作成して、優先順位を付ける
3.新規の資金調達(銀行融資・銀行借入)をしないで、事業を継続するための資金繰りを検討する(優先順位を付けた支払いで、何通りか作成してください)
4.借入返済額をどこまで軽減してもらえたら、事業を継続できるか検討する
5.経営改善計画を作成する → 経営改善計画書(サンプル)

銀行融資(銀行借入)をしている銀行が複数ある場合、リスケ(リスケジュール)は、全ての銀行に申し込んでください。
全ての銀行に、平等に協力してもらいましょう。

                    → 経営改善計画書作成セミナーのお申し込みは、こちら

*資金繰り表の作成から経営改善計画の作成までサポートいたします。事業再生に向けたリスケ(リスケジュール)をお考えの方は、お気軽にこちらからお問い合わせください。

*リスケ(リスケジュール)に不可欠な経営改善計画書(サンプル)のご請求は、こちらからお願いします。


[PR] 

負けるな経営者 倒産社長が語る 企業再生と良い破産
 

TOPボタン

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/1/18)
2018年度の事業承継税制の改正(大綱)ポイント:自社株の贈与・相続問題
(2018/1/9)中小企業と大企業では、融資審査に違いがあるのか
(2018/1/5)
10坪・家賃10万円でジム・サロン開業!&創業資金融資の獲得!基礎セミナー
(2018/1/1)年始のご挨拶:銀行対策コンサルタント
(2017/12/20)事業性評価の概要、項目、融資へ繋げる方法
(2017/12/14)銀行への決算説明で失敗した場合に、今後、できることは?
(2017/12/8)創業資金融資の電話相談で、後払いでのサービスを開始しました!
(2017/12/6)信用保証制度改正のポイントと、これからの資金調達方法
(2017/11/29)決算書を銀行へ提出する前にすることとは?
(2017/11/24)中小企業には、メインバンクは必要ないのか?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン