アパートローン(不動産投資)について

個人ローンで、銀行借入金額が大きいアパートローン(不動産投資)についてです。

アパートローン(不動産投資)としては、概ね次の3通りでのご相談が多くなっています。

1.所有不動産の有効活用
2.資産3分法としての不動産投資
3.資産形成のための不動産投資

それぞれについては、次のようなことが考えられます。

1.所有不動産の有効活用

この場合は、既に土地を所有している方が、賃貸物件を建設するので、建物建設費用が主な銀行融資となります。
相続対策や銀行などからの提案などにより、お考えになる方が多いようです。
銀行借入は、建物建設費用が主なものになるので、他の場合に比べて賃貸物件のコンセプトさえ間違えなければ、リスクはそれほど高いものとは言えないと考えられます。
したがって、アパートローンとして、銀行審査は比較的通り易いと考えられます。

相続対策や銀行などからの提案で、所有不動産の有効活用をお考えの方で、プランについて迷われている方は、1級ファイナンシャルプランニング技能士が第三者的立場で、その内容を検証させていただきますので、お気軽にこちらからお問い合わせください。

2.資産3分法としての不動産投資

資産3分法とは、所有する金融資産を、現預金・有価証券・不動産に分けて運用することです。
リスクとリターンの違うもので運用することで、「流動性」「安全性」「収益性」を目指そうという考えです。
この場合、所有する金融資産がある訳ですから、投資する不動産を間違えなければ、「収益性」が確保できる可能性が高いと言えます。
また、金融資産を自己資金とできる訳ですから、銀行融資の金額を抑えることが可能です。
諸経費を除いた家賃収入で、銀行借入の返済をしても、手元に資金が残る場合、また、空室リスクを補充できる資産背景がある場合、アパートローン(不動産投資)として、銀行審査は比較的通り易いと考えられます。

ご所有の金融資産の運用については、1級ファイナンシャルプランニング技能士がご相談させていただきますので、お気軽にこちらからお問い合わせください。

3.資産形成のための不動産投資

最近多いのが、一から不動産投資をしたいというご相談です。
この場合、 銀行融資は、かなり慎重に審査されるのが現状です。
不動産賃貸収入は、空室リスクだけでなく、家賃滞納リスクもあります。
一から不動産投資をするのですから、このようなリスクを補充できるか、否か?良く検討する必要があります。
また、万が一の場合、売却が容易な流動性の高い物件を選ぶことをお勧めします。
同じ金額で不動産投資を行うなら、大型物件を一つと言うより、小型物件を二つというように、リスク分散をすることも検討してください。

アパートローン(不動産投資)をお考えの方は、 下記のご参考サイトから資料を取り寄せて自身で勉強されるか、セミナーなどに参加して、知識を深めるようにしてください。


*アパートローン(不動産投資)をお考えの方は、1級ファイナンシャルプランニング技能士がご相談させていただきますので、お気軽にこちらからお問い合わせください。



不動産投資(アパートローン)で資金調達コンサルタントへ良くある相談事例

銀行融資での資金調達、返済猶予(リスケ)での経営改善・事業再生、起業支援、銀行との交渉方法などのコンサルタントである銀行対策.comへは、不動産投資(アパートローン)に関するご相談も数多く寄せられています。

公的年金制度への不安もあり、また、不動産投資に関するセミナーや本などが多いことも要因であると思います。

但し、銀行対策.comへ寄せられる不動産投資(アパートローン)に関するご相談では、不動産投資(アパートローン)をしたのは良いが、返済が厳しいというものも多いが事実です。

不動産投資(アパートローン)で返済が厳しくなる要因は、次のような場合が多いのです。

(1)不動産投資をする際に、満室でもアパートローンの返済がギリギリのもの

立地が良いから空室リスクがほとんどない、資産価値が高いという理由で、不動産投資を決断されても、当然のことながら、経済状況や近隣の不動産賃貸事情は一定ではありません。

ある程度の空室があっても、アパートローンが返済できるように、無理な不動産投資は避けるべきであると考えます。

(2)不動産投資をする際の利回りが高いので、アパートローンの借入期間を短く設定してしまったもの

地主さんや複数物件を所有されている方に、多いパターンです。

他の収入や他の物件収入などもあり、「早く返済してしまおう」という心理が働くようです。

不動産投資(アパートローン)で返済が厳しくならないためには、1つの物件ごとに、しっかりとした返済期間を設けて、空室リスクを軽減する修繕費などを確保してください。

そのうえで、余剰資金が確保されたら、繰り上げ返済をする方が、不動産投資(アパートローン)では賢明です。


一方で、先日、自らも不動産投資に成功されている、けーちゃんが運営する「満室経営新聞」の取材を受けました。

⇒ 投資家けーちゃん 勝利への道程は、こちら

けーちゃんのところには、不動産投資(アパートローン)で返済が厳しくなったという相談は、ほとんどないそうです。

それは、けーちゃんのブログに来るような方々は、不動産投資(アパートローン)について、しっかりと勉強されているからだと思います。

不動産投資は、不労所得ではありません。
不動産投資は、不動産賃貸業を経営するということです。

これから、不動産投資(アパートローン)をお考えの方は、しっかりと不動産投資(不動産賃貸業の経営)を勉強してください。

⇒ 満室経営新聞のお申し込みは、こちら

⇒ 不動産投資(アパートローン)のお悩みで、銀行対策.comへのご相談は、こちら



不動産投資を勧める、業者さんの話を鵜呑みにしないでください!

不動産投資について、営業の電話をいただくことが多いので。。。

不動産投資について、いろいろとセールストークを聞くようにしています。


不動産投資を勧める、業者さんが、まず、言うことは、

◆ 収入は、10年後も安定していますか

◆ 家賃収入による資産形成で、将来のお金に対する不安を払拭しませんか

というもの。


【 不動産投資をする際の注意点 】

多くの場合、不動産投資には、大きな借入金額で、長期間での返済が必要です。

したがって、 不動産投資によって、将来のお金に対する不安は、払拭されませんね。

また、家賃収入が安定するとも限りません。


【 家賃保証やサブリース契約があれば、不動産投資は、安全か 】

上記のような点について、不動産投資を勧める、業者さんが、言うのは、

◆ 家賃保証やサブリース契約によって、家賃収入は、安定します

というもの。

実は、家賃保証もサブリース契約も、○年ごとに、見直しとか契約更新というもの。

したがって、不動産投資をした際の家賃保証やサブリース契約が、そのまま続くというものではありません。




家賃保証やサブリース契約の見直しで、家賃収入が減少して、資金繰りが悪化。


銀行対策.comへは、このような相談が、多くあります。 


年金不安や将来の収入への不安から、不動産投資での資産形成を検討する際は、

◆ 様々な角度から、不動産投資のリスクを検証して、判断する

不動産投資を勧める、業者さんの話を鵜呑みにしないようにしてくださいね!


【 不動産投資について、センカンドオピニンオンも提供しています 】

問い合わせボタン


TOPボタン


銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
(2018/3/14)設備資金の借入後に、実際の必要資金を下回ったら、どうなるのか
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン