資金繰り改善コンサルタントの個別(1対1)セミナーへのお申込みが可能となりました。

銀行対策.comでは、

◆ 資金繰り安定化・改善

◆ 融資・借入での資金調達

◆ 返済猶予(リスケ)での経営改善・会社再生

◆ 起業・開業時の創業資金融資

◆ 銀行取引・銀行対策

のためのセミナーを、定期的に開催しております。

過去のセミナー参加者様のご感想として、

◆ もっと、自社の業種・業歴に沿った具体的な話が聞きたかった

◆ 今までセミナーに参加したかったが、日程が合わなかった

というものがあるため、個別(1対1)セミナーのお申込みを可能としました。

お申込みできる個別(1対1)セミナーは、下記のとおりです。

【 銀行との上手な付き合い方 】

各商工会議所や商工会で開催させていただいているセミナーです。

⇒ 青森県の十和田商工会議所でのセミナーの様子

銀行との取引を基礎から知りたいという経営者向けのセミナーです。

次の4つのセミナーは、定期開催セミナーですので、それぞれをクリックしていただきますと、内容が確認できます。

【 融資審査のポイントセミナー 】

【 資金繰り表作成セミナー 】

【 起業計画書の書き方!起業計画書作成セミナー 】

【 事業計画・経営改善計画書作成セミナー 】

【 返済猶予(リスケ)の基礎セミナー】

チェックボタン 資金繰りが厳しく、返済猶予(リスケ)での経営改善・会社再生をお考えの方

チェックボタン 返済猶予(リスケ)を受けたものの、事業再生途上であり、再度、延長したい方

等に向けたセミナーです。

各セミナーの共通事項は、次のとおりです。

【 各セミナー参加費用 】 5,000円(消費税込み)

*クレジットカード決済の場合、決済手数料は、弊社負担

*銀行振込の場合、振込手数料は、ご参加者負担

【 セミナー開催時間 】 約2時間を予定

【 開催会場 】 *下記より選択

1.都内(銀座) or 横浜MTGルーム(場所は、こちら

2.スカイプセミナー

3.訪問セミナー(参加費の他、交通費をご負担いただきます)

個別セミナー

<ご注意及びキャンセル・返金規定>

1.参加費用の事前お振込みは、開催日の5日前までにお振込み(振り込み手数料は、参加者負担)、あるいは、クレジットカードでのご決済でお願いしております。

2.参加費用のお振り込み、あるいは、クレジットカードでのご決済が、開催日の5日前までに弊社にて確認できない場合は、お申込をキャンセルされたものとみなします。

3.開催日の4日前午前11時までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は、参加費用から振り込み手数料を差し引いた金額をご指定の銀行口座へご返金します。

4.開催日の4日前午前11時以降のキャンセルに関しては、参加費用のご返却はいたしません。

5.訪問セミナーの場合、弊社がご訪問のため手配していた交通チケットなどのキャンセル費用も差し引かせていただく場合があります。

6.日程変更は、

・訪問セミナーの場合は、開催日の前日11時まで

・弊社都内MTGルームの場合は、開催日の前日11時まで 

・スカイプセミナーの場合は、開催時間まで

ご連絡をいただけた場合のみ、可能です。

7.スカイプセミナーの場合、環境の整備(パソコン、無料ソフトウェアのダウンロード、マイク、カメラ)が必要で、環境整備費用、テキスト印刷は、ご参加者のご負担になります。

(2011/6/11)
TOPボタン

無料の融資審査資料の雛形(PDF版)
起業計画書

事業計画書

経営改善計画書

融資申込書

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/1/18)
2018年度の事業承継税制の改正(大綱)ポイント:自社株の贈与・相続問題
(2018/1/9)中小企業と大企業では、融資審査に違いがあるのか
(2018/1/5)
10坪・家賃10万円でジム・サロン開業!&創業資金融資の獲得!基礎セミナー
(2018/1/1)年始のご挨拶:銀行対策コンサルタント
(2017/12/20)事業性評価の概要、項目、融資へ繋げる方法
(2017/12/14)銀行への決算説明で失敗した場合に、今後、できることは?
(2017/12/8)創業資金融資の電話相談で、後払いでのサービスを開始しました!
(2017/12/6)信用保証制度改正のポイントと、これからの資金調達方法
(2017/11/29)決算書を銀行へ提出する前にすることとは?
(2017/11/24)中小企業には、メインバンクは必要ないのか?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン