リスケ(条件変更・返済猶予・リスケジュール)の手順1

銀行融資での資金調達コンサルタント、リスケによる事業再生(経営改善)コンサルタント、
起業(創業)サポート・支援コンサルタントの銀行対策.comへ相談が多い、リスケ(条件変更・返済猶予・リスケジュール)の手順をご説明します。

今回は、リスケ(条件変更・返済猶予・リスケジュール)の手順の第1回です。

リスケ(条件変更・返済猶予・リスケジュール)を検討する場合に欠かせないのが、資金繰り表です。
                         ⇒ 資金繰り表の雛形・サンプル・見本は、こちら

資金繰り表は、銀行融資の返済を続けた場合と銀行融資の返済をストップした場合の2通りを作成してみてください。

2通りの資金繰り表を作成してみて、銀行融資の返済をしばらくの間ストップして、事業が継続できるなら、リスケ(条件変更・返済猶予・リスケジュール)による事業再生(経営改善)が可能となります。
                              ⇒ 資金繰り表検証のポイントは、こちら

銀行融資の返済をしばらくストップしても、現預金が不足するということは、事業そのものが
赤字体質という可能性が高いのです。

その場合は、事業の建て直し(事業再生・経営改善)により、黒字化できる方策をしっかりと
検討してください。

経営改善計画書(再建計画書)を作成する前に、まずは、資金繰り表を作成することから、
始めてください。

資金繰り表の作り方、作成方法が分からない方や、資金繰り表の作成の方法を基礎から学びたい方は、資金繰り表作成セミナーへご参加ください。
                      ⇒ 資金繰り表作成セミナーへのご参加は、こちらから

その他、リスケ(条件変更・返済猶予・リスケジュール)について、分からないことや疑問点がある方、銀行とのリスケ(条件変更・返済猶予・リスケジュール)交渉がうまくいかない方などは、お気軽に、銀行対策.comへお問合せください。
                       ⇒ 銀行対策.comへのお問い合わせは、こちらから

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/1/18)
2018年度の事業承継税制の改正(大綱)ポイント:自社株の贈与・相続問題
(2018/1/9)中小企業と大企業では、融資審査に違いがあるのか
(2018/1/5)
10坪・家賃10万円でジム・サロン開業!&創業資金融資の獲得!基礎セミナー
(2018/1/1)年始のご挨拶:銀行対策コンサルタント
(2017/12/20)事業性評価の概要、項目、融資へ繋げる方法
(2017/12/14)銀行への決算説明で失敗した場合に、今後、できることは?
(2017/12/8)創業資金融資の電話相談で、後払いでのサービスを開始しました!
(2017/12/6)信用保証制度改正のポイントと、これからの資金調達方法
(2017/11/29)決算書を銀行へ提出する前にすることとは?
(2017/11/24)中小企業には、メインバンクは必要ないのか?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン