信金や銀行に事業資金融資の融資申込書を書いて申し込む、メリット・デメリット

信金や銀行融資での資金繰り改善・資金調達コンサルタントの銀行対策.comへお問い合わせのあるケースで、信金や銀行へ事業資金融資を申込みをして、融資が借入できても、融資担当者との意思疎通がうまくいかなかったために、次のようなことがあるケースがあります。

・信金や銀行へ、融資の返済の据え置き期間を申込みをしたのに、据え置き期間がなかった

運転資金と設備資金で申し込んだはずなのに、運転資金だけとされてしまい、次に融資を申し込んだときに、運転資金は目一杯協力していると断られた

このようなことが起らないためには、融資申込書を書いて、信金や銀行へ事業資金融資を申し込むことをお勧めします。

但し、融資申込書を作成して、信金や銀行へ事業資金融資を申し込む、メリットとデメリットはあります。

【 メリット 】

・信金や銀行の融資担当者へ事業資金融資の申し込み内容が明確になる

→ あとで、「言った、言わない」、「聞いていない」というトラブルを避けられます。

融資申込書を書くためには、融資審査資料(資金繰り表事業計画書など)の準備が必要であるから、信金や銀行へ事業資金融資を申込みをしてから、融資審査がスムーズにいく傾向がある

【 デメリット 】

運転資金の資金使途を把握できていないと、違う資金使途で、信金や銀行に事業資金融資を申し込むことになり、融資審査の過程で不信感を持たれ、事業資金融資を希望通り借入出来ない場合がある

融資申込書を書くには、融資審査資料(資金繰り表事業計画書など)の準備が必要であるから、手間がかかる

→ 信金や銀行の融資担当者との意思疎通が十分にできるなら、口頭での事業資金融資の申し込みの方が負担が少ない場合がある

以上のことをご理解のうえ、融資申込書を作成するか検討してください。

信金や銀行融資での資金繰り改善・資金調達コンサルタントの銀行対策.comでは、融資申込書をβ版として作成し、無料でご提供しています。

    融資申込書(β版)のご請求
β版ボタン
 

*融資申込書(β版)PDFを開く、URLをお知らせします。
*資料をご請求されますと、メルマガ登録をさせていただきます。


TOPボタン
 

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン