資金調達コンサルタント 経営改善コンサルタント 銀行対策.comへのお客様の声(事例紹介)

<お客様の声>

ドリームゲートにおけるメール相談評価

ドリームゲートにおける面談相談評価

セミナー受講者様、ご相談者様からのメール

<事例紹介>


運転資金の借入後、3か月で追加融資の獲得に成功!

マンション投資が上手くいっていない方からの資金繰り改善相談事例

売上160%アップ!資金繰りの悩みを解消して、営業に集中できた事例

取引の無い金融機関から、初めての運転資金融資の借入に成功!

開業資金の融資での資金調達に成功!(起業計画書作成セミナーへご参加された方の事例)

返済猶予(リスケ)の同条件での再延長に成功。経営改善計画書と資金繰り表の作成をサポート。

リスケ(返済猶予)での経営改善コンサルタントによる返済猶予(1年間は、利息支払いのみ)の成功事例

資金調達コンサルタント事例 研究開発費の融資獲得・助成金の獲得に成功

返済猶予(リスケ・条件変更)成功事例 粘り強い交渉で、毎月の融資返済額の
99%返済猶予に成功


貸し渋りと言われる状況で、希望額以上の資金調達に成功した事例

2ヶ月間、ずっと他のコンサルタントに相談して資金調達が困難だった企業が、資金調達をできた秘訣

貸しはがし対策事例 粘り強い銀行対策で、貸し剥がしを回避!

貸し渋り対策 資金繰り表を活用して、銀行融資で資金調達10百万円

貸し剥し対策 リスケを回避、資金繰り表を作成して、300百万円を銀行融資で資金調達

貸し渋り対策 経営改善計画書で、80百万円の希望融資額を、満額資金調達!

創業間もない企業の資金調達(銀行融資・銀行借入)の近道とは?

貸し渋り対策 実質債務超過でも新規融資60万円

信用保証協会で一旦断られた企業が、銀行借入ができた訳

銀行対策を誤って、取引銀行を変更せざるを得なくなった企業


銀行対策によって連鎖倒産を免れた企業

返済猶予(リスケ・条件変更)先から正常先になった企業


 問い合わせボタン

TOPボタン
 
 

セミナー受講者様、銀行対策.com へのご相談者様からのメール紹介

こちらのページでは、銀行対策.comの各セミナー受講者様、融資での資金繰り・資金調達、返済猶予(リスケ)での会社再生・事業再生・経営改善、開業・創業・起業などのご相談者様から寄せられたメールのうち、ご紹介のご承諾をいただけたものを記載しています。

起業計画書作成セミナー受講者様より、「起業を成功させるぞ!というモチベーションが上がりました」とのメールをいただきました。 (2011/8/31 記載開始)

借入について目からウロコ!不動産投資・アパート経営をお考えのご相談者様からのメールご紹介

売上160%アップ!資金繰りの悩みを解消して、営業に集中できた事例のメールご紹介

銀行借入マニュアルをお読みになった方からのご感想メールご紹介

融資対策のために!「融資審査のポイントセミナー」の参加者様からのメールのご紹介

返済猶予(リスケ)交渉が拍子抜けするくらい、上手くいった事例(事業再生支援)

借入のお悩みに見通しがついた!とのメールご紹介(融資取引対策のご相談事例)

決算内容が銀行にどのように思われているのか?不安が解消しました!

 銀行はどのように融資審査し、貸してくれるのか?融資審査のポイントセミナー参加様の感想メール

問い合わせボタン

(2011/8/31 新設ページ)

TOPボタン


☆ さらに詳しく、銀行借入のことを知りたい中小企業経営者向け!

⇒ 社長のための銀行取引対策・資金繰り改善『銀行融資の本音』塾

お取引先紹介(ご紹介承諾先のみ)

シフトプラス株式会社 
コンサルティング内容:起業支援、資金繰り・銀行対策支援、認定申請支援

TOPボタン
 
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
(2018/3/14)設備資金の借入後に、実際の必要資金を下回ったら、どうなるのか
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン