資金繰り表作成支援パックについて

資金調達(銀行融資・銀行借入)・資金繰り、返済猶予(リスケ)での経営改善・会社再生、起業・創業と銀行対策(銀行とのお付き合い)コンサルタント「銀行対策.com」へ資金繰り表の作成の仕方のお問い合わせが多いので、「資金繰り表作成支援パック」をサービスに追加いたしました。

通常、資金繰り表の作成について、弊社事務所で通常相談をされますと、少なくとも2回分の30,000円(税別)がかかるものを、わずか10,000円(税別)でご提供するものです。

【資金繰り表作成支援パックの内容】

資金繰り表サンプルをExcelファイルとして、メールに添付してご提供いたします。

資金繰り表作成に関する事項(注1)に限り、お申し込みから1ヶ月間は、何度でもご質問・ご相談が可能です。

・メール、お電話、ご面談でのご質問・ご相談が1ヶ月間可能です。
 メール:字数の制限なし
 お電話:1回当たり、30分以内
 ご面談:1回当たり、1時間以内
 (弊社の横浜MTGルーム、あるいは、申込者事務所等)
*お電話・ご面談でのご質問・ご相談は、コンサルタントが対応できる場合のみ、予約無しでもご回答いたしますが、原則として、事前にご予約ください。
*申込者事務所でのご面談の場合は、別途交通費が必要となる場合があります。

・料金は、10,000円(税別)

(注1)資金繰り表作成に関する事項とは、資金繰り表に関する作成・入力・記入の仕方などのことを言います。資金繰り表を作成して、どのような資金調達が可能か?銀行への相談の仕方などは、通常相談となりますので、別途料金(割引有り)が発生しますので、あらかじめそのようなご相談までご希望の方は、お問い合わせフォームのご質問欄にご記入ください。料金の提示をさせていただきます。

「資金繰り表作成支援パック」 
↑クリックすると、お申し込みフォームが開きます。

  
 TOPボタン

 

 

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
(2018/3/14)設備資金の借入後に、実際の必要資金を下回ったら、どうなるのか
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン