飲食店の開業資金を借入したいという方から良くある質問

開業・創業資金の借入をサポートする、コンサルタントの渕本です。

起業・創業する際には、不安なことが多いですね。

今回は、飲食店の開業資金を借入したいという方から、良くある質問をご紹介します。


 飲食店を開業する際に、どのくらい開業資金が借入できそうでしょうか?

 どのくらい自己資金がありますか?自己資金から逆算して、開業資金の借入可能額を計算してみましょう。


 開業資金の借入には、自己資金は、どのくらい必要なのでしょうか?

 開業する時に必要な費用に対して、1割以上の自己資金があると良いでしょう。もちろん、自己資金の割合が多い方が、開業資金の借入審査が通る可能性は高くなります。


 飲食店の開業資金は、どこに借入申込みをすれば良いのでしょうか?

 飲食店の開業予定は、どちらでしょうか?開業する場所によって、創業資金の借入申込みが可能な金融機関が違ってきます。


【 開業資金の借入についてアドバイスする相談会 】

⇒ 確実に創業資金を借入したい方への個別相談会は、こちら


 飲食業の経験が無いのですが、開業資金の借入はできますか?

 開業資金の融資審査は厳しいものとなりますが、可能性はゼロではありません。


 開業する店舗の目途が立っていませんが、開業資金の借入申込みはできるのでしょうか?

 飲食店の場合、店舗立地も大切です。開業する店舗の目途が立ってから、開業資金借入の申込みとなります。


【 開業予定の店舗が決まったら、スグに開業資金借入が申込めるように! 】

⇒ 融資したくなる、起業計画書の書き方セミナーは、こちら


 飲食店の開業資金借入の審査は、どのくらいで答えが出ますか?

 開業資金の融資審査期間は、3週間程度となります。スムーズに進めたいなら、融資審査資料を整えて、開業資金の借入申込みをするようにしてください。


 飲食店の開業資金の借入をサポートしてもらうための費用は、どのくらい必要ですか?

 創業資金の借入コンサルティング費用は、こちら(←クリック)となっております。


【 その他、開業資金借入の素朴な疑問でも、お気軽に、お問合わせください 】

問い合わせボタン

無料の開業計画書のひな形・見本のご請求 】

起業計画書

TOPボタン

(2014/7/16)


銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2022/6/10)
運転資金の借り方、資金調達の悩み電話相談の新サービスを公開しました!
(2022/6/1)銀行への決算書の提出は、社長自ら行く、持参すべきなのか?
(2022/4/18)決算説明をして、銀行から、お金を借りやすくする方法とは?
(2022/3/5)銀行の企業評価:債務償還年数の計算方法とは?
(2022/2/13)決算内容より重要な公共性の原則とは?融資審査の仕組みを解説!
(2022/2/2)創業資金の借り方:自己資金はいくら必要なのか?
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン