(5)融資取引銀行の数について

資金調達(銀行融資)により資金繰りを安定させるのは、中小企業にとって死活問題です。

それでは、資金調達(銀行借入)をする銀行の数は、どのくらい必要なのでしょうか?

結論から言いますと、答えはありません。

1つの銀行との融資取引でも、満足していれば増やす必要はありません。
多くの銀行と融資取引していても、満足できなければ意味がありません。

まずは、メイン銀行をしっかりと作りましょう。
そして、その銀行に対して、しっかりと銀行対策をして、太く長くお付き合いできる関係を築いてください。

よく、1つの銀行との取引では、金利などの競争原理が働かないと言いますが、それは銀行対策次第です。
銀行では、融資取引が1つの銀行だけの会社を「1行取引先」と言うことが多く、他行からの売り込みターゲットになりやすいために、銀行の担当者は目を光らせています。
融資取引の無い銀行から、売り込みがあった場合には、できるだけその銀行から情報収集をして、融資取引のある銀行の担当者へ話をするだけで、競争原理は十分に働くはずです。

多くの銀行と融資取引をしていれば、資金調達(銀行借入)の手段は多くなりますが、メイン銀行がしっかりと確立されていないと、いざという時に助けてもらえません。

メイン銀行が確立したら、あとは、目的を持って資金調達(銀行借入)をする銀行を増やすことを検討されてはいかがでしょうか?

【注意点】
・決算書は、融資取引銀行以外には、むやみに提出しない
→ 資金調達(銀行借入)をするつもりのない、預金取引だけの銀行に決算書を提出しても意味がありません。
・目的もなく融資取引銀行を増やさない
→ 目的もなく融資取引銀行が増えると、今まで融資取引をしていた銀行は「他行で断られたのではないか?」と疑念を持ちます。


*融資取引銀行の数についてお悩みの方、融資取引銀行を増やしたい・減らしたいという方など、お気軽にこちらからお問い合わせください。
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン