(2)キーマンは誰か?

銀行から資金調達(銀行融資・銀行借入)をする場合、スムーズに話を進めるためには、銀行のキーマンは誰か?を掴んで銀行対策をすることが重要です。

銀行の支店は、支店長を頂点にピラミッド型の組織となっています。
それでは、支店長の心を掴めば大丈夫か?というと、実は違う場合があります。
銀行は、必ずしも仕事が出来る人が昇進する訳ではないという組織です。
したがって、支店長が必ず融資に精通しているとは限りません。

現在は少なくなっていますが、キャリアによっては、融資は基本的なことしか知らないという人もいます。
そういう場合は、銀行組織もちゃんとそれを補完できる人材を配置しています。

支店のなかで、実質的に誰がOKをすれば、銀行借入ができるのか?
その人が誰なのか?をお取引銀行と常日頃コミュニケーションをとって(銀行対策をして)把握するようにしましょう。

@銀行の担当者がいないで、窓口で銀行借入を申し込む場合

この場合は、融資窓口の銀行員と話をするしかありません。
したがって、できるだけ準備を整えて、銀行借入の相談に行くようにしてください。
第一印象が大切です。
不安な方は、是非こちらからご相談ください。

A銀行の担当者がいる場合

この場合、担当者を通して銀行借入の相談をする訳ですが、出来るだけキーマンに会えるようにしてください。
誰がキーマンか?は、常日頃から銀行の担当者とコミュニケーションをとるように(銀行対策を)して、掴んでおく必要があります。

堅苦しく話をする必要はありません。雑談のなかで、それとなく聞けば、だんだんと分かってきます。
例えば、担当者の経歴を聞いてみましょう。今まで、どんな支店でどんな先を担当してきたのか?
それだけでも、担当者の実力を図れます。

また、上司の様子を聞くのも重要です。特に、転勤などで変わった時には、経歴などを聞いておきましょう。そして、一言「今度の上司はどうなの?」と担当者に聞くようにしてください。これで、様子が把握できると思います。

銀行借入を相談して説明した後、同じ様なことを再度聞いてくる担当者は要注意です。
良く把握できていないで、上司からヒアリングするように指示があったと考えてください。
ヒアリングしてくるように指示した上司をそれとなく聞いて、銀行借入の申込の際には、担当者を通じてその上司と会えるように心がけてください。


*銀行から資金調達(銀行融資・銀行借入)をスムーズに行えないでお悩みの方、銀行とのお付き合いで疑問のある方など、お気軽にこちらからお問い合わせください。 

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン