住宅ローンの選び方

住宅ローンについても、ご相談が多いので、カテゴリーを開設しました。

住宅ローンについては、ご収入とご返済の比率で審査されるのが原則です。

ご購入される予定の自宅についての担保評価ですが、近隣事例を参考に評価され、近隣事例とかけ離れた購入価格でない限り、概ね売買価格の70%〜80%とお考えください。

頭金が、どれだけ用意できれば審査が通り易いか?ですが、現在では、100%ローンの住宅ローンが登場していますので、こまめにネットで探されるのをお勧めします。

住宅ローンについて、一括で比較できるサイトやネットでシミュレーションをできるサイトを参考にしてください。 

                                          ⇒ 住宅ローンのご参考サイト

住宅ローンを選ぶ場合、@購入予定物件のお近くにある銀行へ相談に行く、Aネットで相談を申し込める銀行へ相談するということが考えられます。
もう一つの選択肢が、仲介する不動産業者から住宅ローンを借りる銀行を紹介してもらうというものがあります。
不動産業者は、住宅が売れた時の仲介手数料が収入になるので、住宅の購入希望者が住宅ローンを組めないと、収入が入ってこない場合が多いのです。(売買契約書に、多くの場合「ローン特約条項」が存在するため)
したがって、不動産業者は、住宅ローンを持ち込める親しい銀行が何行か存在すると思います。
また、多くの顧客と接しているので、「こういうお客様なら、住宅ローンが組めた」という経験値があることが多いのです。
下記のようなサイトでご自身で探したり、⇒ご参考サイトでご相談したり、不動産業者へご相談したりしてみてください。

 

*住宅ローンを含めたライフプランについては、1級ファイナンシャルプランニング技能士がお話をお伺いいたしますので、お気軽にこちらからお問い合わせください。

 
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン