銀行・信金融資による資金調達、リスケによる事業再生をするためのヒント

銀行対策.comへは、銀行融資(銀行借入)での資金調達、リスケ(リスケジュール)による事業再生(経営改善)、銀行との交渉方法やお付き合いの仕方などの銀行対策、様々なご相談がございます。

詳しいお話は、銀行内部の審査方法など公にできない事項もございますので、ヒントを記載させていただきます。

銀行融資(銀行借入)での資金調達、リスケ(リスケジュール)による事業再生(経営改善)を銀行へ相談する場合、融資を受ける(受けている)側の理論で相談しても、話はスムーズに進みません。

融資をする(している)側、つまり銀行の理論・考え方に合わせて、相談すれば、話はスムーズに進みます。

例えば、次のような経験やお悩みは、ありませんか?

「銀行員は、なかなか話を理解してくれない、話しが噛み合わない・・・」

→ 銀行や信金は融資の利息収入が主な収入です。

したがって、融資をしたくて仕方がないのですが、融資を受ける側の理論でしか話をしてくれないので、困ってる場合です。

融資をする側である銀行員が、何を求めているのか?冷静に話を聞くようにしてください。

話のなかに、融資をする側の理論がありますので、それを理解して銀行対策をできれば、希望通りの銀行融資による資金調達が可能となるでしょう。

問合せ(青)

 
「折角、資料を準備して相談したのに、別の資料も求められた・・・」

→ 融資を受ける側の理論で作成した資料であるということです。

融資をする側である銀行としては、別の資料も検討してみないと融資をできるか否か、判断ができない場合です。

あるいは、融資を受ける側の理論で作成された資料の数値に対して、融資をする側の銀行としては、まだまだ信用ができないという段階なのです。

融資をする側である銀行が、なぜ別の資料を求めているのか?何を検証しようとしているのか?を考えて、追加資料を作成して銀行対策をするようにしてください。

融資をする側である銀行が求めている資料をしっかりと作り銀行対策をすれば、銀行融資による資金調達が、希望通り受けられると思います。

問合せ(青)


「銀行融資で資金調達をして、事業展開を考えているのに、『もう少し実績を見てから』と言われた・・・」

→ 融資をする側である銀行としては、融資を受ける側の理論でされた話や資料では、信用するに至らなかった場合です。

したがって、融資を受ける側の理論が正しいのか?実績を見てみないと分からないという結論になってしまったのです。

しかし、実績もないのに融資を受けられる企業もあるのは確かです。

実績もないのに融資を受けられる企業は、融資をする側である銀行の考え方を理解して、銀行対策をして、信用される資料や話をしているのです。

問合せ(青)

 
「銀行借入の返済が苦しいのに、リスケ(返済猶予)に応じてくれない、頑張って返済してくれと言われる・・・」

→ 融資をしている側である銀行としては、安易にリスケ(返済猶予)に応じることはありません。

返済ができるならば、返済をしてもらって融資残高を減らしたいと思っています。

融資を受けている側としては、資金繰りが厳しいということ、リスケ(返済猶予)に応じてもらって事業再生(経営改善)をして将来的には返済を再開できるということなどを経営改善計画書資金繰り表などで説明して、銀行対策をしてください。

これらの資料が無いと、融資をしている側の銀行としては、リスケ(返済猶予)の話を受けることは難しいのです。

他にも、様々なケースがあると思います。

銀行対策.comのコンサルタントの渕本は、銀行では融資審査の担当ばかりでなく、銀行融資や事業再生の管理職や銀行本部での融資事務企画を担当するなど、経験豊富なコンサルタントです。

銀行審査の経験のないコンサルタントや単に銀行での融資担当者であったコンサルタントでは、足元にも及ばない経験をしていますので、様々なご相談を受けることが可能です。

 問い合わせボタン

TOPボタン



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン