貸し渋りと言われる状況で、希望額以上の資金調達に成功した事例

資金繰りコンサルタント、銀行融資による資金調達コンサルタント、リスケによる事業再生
コンサルンタント、起業支援コンサルタントの銀行対策.comへは、毎日、さまざまな業種の
経営者の方から、ご相談があります。

今回は、「貸し渋りと言われる状況で、希望額以上の資金調達に成功した」事例の
ご紹介です。

                                ⇒ その他の事例のご紹介は、こちら

【業種:小売業】

経営者の方は、売上減少で、運転資金の銀行融資よる再調達を考えてしました。

【ご相談内容】

・自分の会社が、どのくらい銀行融資が受けられそうなのか?知りたい
・どの金融機関に融資の相談をすれば、融資が受けられる可能性が高いのか?知りたい
どのように金融機関に相談すれば良いのか?知りたい

【銀行対策.comからのアドバイス】

・経営者の方から、会社の財務内容資料を開示していただき、現在の業績を把握して、
目標融資額をご提示
・現在の借入金融機関の様子や近隣の金融機関の様子をヒアリングして、ベターと思われる金融機関をご提示
・金融機関に対して、どうして運転資金が必要となるのか?どのような資料を示しながら、
どうしてこの金額の融資を希望するのか?など具体的にアドバイス

【結果】

早めに銀行対策.comへご相談していただいたので、銀行への相談も余裕を持って交渉できた結果、希望融資額以上の融資を受けることができました。

                         ⇒ 銀行対策.comのサービスの特徴は、こちら


貸し渋りと言われる状況でも、金融機関は融資をしなければ収益が出ません。

今回の企業様には、金融機関側から「もう少し、融資ができそうです」という言葉もありました。

早め早めに銀行へ融資の相談をできれば、銀行も「どうしたら融資ができるのか?」を考えて
くれる時間ができます。

また、無理な融資希望額ではなく、適切な資料を提示できれば、融資を受けられる可能性も
高まります。

銀行融資による資金調達をお考えの方、相談しても上手く行かない方など、お気軽に、
銀行対策.comへお問い合わせください。

                     ⇒ 銀行対策.comのサービス案内・報酬体系は、こちら

今回のご紹介の事例は、1回・2時間の面談相談だけで、銀行融資による資金調達に
成功
されました。

                         ⇒ 銀行対策.comへのお問い合わせは、こちら

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
(2021/10/10)
上手に銀行取引をして、資金繰りを楽にするための3つの心得とは?
(2021/10/6)
借入した設備資金を運転資金に使用しても問題ありませんか?リスクは?
(2021/10/2)お金を借りるための3つの心得・コツ(初心者編)
(2021/7/1)
新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は?
(2021/6/26)「新型コロナの影響による、特例リスケジュール制度の概要
(2021/2/9)担保が無くても、借りられますか?借入する方法とは?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン