資金調達コンサルタント事例 研究開発費の融資獲得・助成金の獲得に成功

銀行融資での資金調達コンサルタントの銀行対策.comでコンサルティングをさせていただいたなかから、今回は、研究開発費の融資獲得・助成金の獲得に成功した事例のご紹介です。

貸し渋りと言われる状況下でも、しっかりとした資料作りをして、説明できれば、研究開発費でも資金調達ができるのです。

今回の経営者の方は、顧問税理士の力を借りながら、ご自身で銀行融資の相談をしても上手くいかずに、資金調達コンサルタントの銀行対策.comへご相談がありました。

【資金調達の相談当初の問題点】

1.顧問税理士が貸し手側の考えを理解できていなかった

2.研究開発費の資金調達のための事業計画がアピール不足

さらに事業計画ですが、貸し手側が一番知りたいことや計画の数字の信憑性が不足して
いたのです。

【資金調達コンサルタントの銀行対策.comでのアドバイス内容】

・銀行に何かを言われても持ち帰り、相談してもらうことを徹底
⇒ 貸し手側の考えに反論しても資金調達は上手くいきません
   資金調達をする際の貸し手側の考え方を理解してもらい、対処方法を繰り返しアドバイス

・資金調達のための重要資料である事業計画書のブラッシュアップ
⇒ 貸し手側が知りたいポイントを強調し、信憑性を高めていきました

                        ⇒ 事業計画書の雛形・サンプル・見本は、こちら

【銀行融資での資金調達の結果】

・希望通りの研究開発費を銀行融資での資金調達に成功

・さらに地方自治体の助成金も決定

詳しくは、ドリームゲートでも紹介されていますので、ご覧ください。
⇒ http://case.dreamgate.gr.jp/topics_detail8/id=560

事例は少ないと思いますが、顧問税理士の意見と銀行の意見が食い違う場合は、一度、
銀行対策.comへご相談ください。

銀行融資での資金調達の可能性を高めるために、貸し手側の本音をお教えします。

⇒ 銀行融資での資金調達コンサルタントの銀行対策.comへのお問合せはこちら

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン