リスケ(返済猶予)での経営改善コンサルタントによる返済猶予(1年間は、利息支払いのみ)の成功事例

金融円滑化法の施行により、返済猶予(リスケ)による経営改善を図りやすくなっています。

返済猶予(リスケ)での経営改善コンサルタントである銀行対策.comへご相談のあった企業のなかから、金融円滑化法を活用した返済猶予(リスケ)の成功事例をご紹介します。

【ご相談時の状況】
・メインクライアントの業績悪化の影響を受け、売上が急減

・早急な業績の回復は望めず、このまま融資の返済を続けると、1年以内に手元資金が無くなるという厳しい資金繰り
・単月赤字が続き、つなぎ融資を得ることは極めて難しく、返済猶予(リスケ)を検討

この企業の経営者は、現状では、融資を仰げるような業績では無いと自己判断をされていました。
しかし、手元資金は確保できており、いきなり返済猶予(リスケ)を申し込んでも、「しばらくは様子を見たい」という銀行からの申し出も予想されたため、あえて取引銀行へ追加融資を申し込んでもらうようにアドバイス。
取引銀行に対して、融資を申し込むが良い返事をもらえなかったので、返済をストップし、返済猶予(リスケ)の交渉を開始しました。

【返済猶予(リスケ)の交渉経緯】
・融資の返済を継続した場合の資金繰り表と、融資の返済猶予(リスケ)に応じてもらえた場合の資金繰り表を作成
・経営改善計画を作成。ダウンサイジングによる収益シミュレーションを作成
・まずは資金繰り表2種類を提出して、メイン銀行から順次、返済猶予(リスケ・条件変更)の協力を要請
・返済猶予(リスケ)の協力要請後、すみやかに、経営改善計画書を提出
・メイン銀行から、今後の経営計画について追加の資料を求められ、作成、交渉

                        ⇒ 資金繰り表のサンプル(見本・雛形)は、こちら
                     ⇒ 経営改善計画書のサンプル(見本・雛形)は、こちら

【返済猶予(リスケ)交渉の結果】
・メイン銀行は、資金繰りや今後の見通しに理解を示し、返済猶予 (リスケ)の協力を応諾
・各銀行への融資返済額は、1年間金利のみで、元本返済なしの返済猶予(リスケ)に成功
・返済猶予(リスケ)の協力を得られたことで、経営者は目先の 資金繰りの不安、対策に時間が割かれることが減り、本業の収益改善に力を注げるように

【返済猶予(リスケ)の成功のポイント】
・資金繰り表や経営改善計画書などの資料で、実現可能な具体的な数値を示したこと
・オフィス縮小移転や、人員の削減など、経営改善計画の実行を進めていることを目に見えて示せたこと

【ご相談企業から寄せられた感想】
・中小企業であり、返済猶予(リスケ)について全く分からなかったが、各行との返済猶予(リスケ)交渉のバランスや、返済猶予(リスケ)妥結までの一連の流れを教えてもらうことができた
・結果、銀行の本音と建前がわかり、銀行のペースに飲まれずに、余裕をもって、対等な立場で交渉にあたることができた

こちらの企業は、資金繰りが厳しくなることを予想されて、早め早めにご相談をしていただけたので、非常に有利に返済猶予(リスケ)の交渉をできました

現在、ご資金繰りに悩まれている経営者の方は、お1人で悩まずに、返済猶予(リスケ)のご相談をしてください。
返済猶予(リスケ)をすると、今後の銀行との取引に不安があるという経営者の方は、銀行の考え方が分かれば、方針も決められると思います。

       ⇒ 返済猶予(リスケ)での経営改善コンサルタントへのお問い合わせは、こちら
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン