借入金利が低い銀行より情報提供力のある銀行と融資取引をしましょう!(融資取引対策)

借入金利が低い銀行より情報提供力のある銀行と融資取引をしましょう!(融資取引対策)

資金繰り改善・融資取引対策コンサルタントの渕本です。

中小企業にとって、銀行や信用金庫は、重要な事業パートナーです。

低金利で融資をしてくれる銀行や信金が、良い融資取引銀行ですか?

それより、中小企業にとって役に立つ、例えば、売上増加に繋がる情報提供力のある銀行や信金の方が、良い融資取引銀行ではないでしょうか?

メガバンクが、中小企業の役に立つ情報提供力があるとは限りません。

地域密着型で事業展開をしている場合は・・・

地域に根差した金融機関の方が、中小企業の役に立つ情報を持っていることがあります。

銀行や信金も、いかに保有する情報を活かして、融資を伸ばすか!考えています。




どうしたら、融資取引銀行から、自社に役に立つ情報を得られるのか?分からない場合は・・・

銀行や信金が、どのように情報提供で、融資を伸ばそうと考えているのか、知ることが大切です。

このような融資取引対策をすることも、中小企業にとっては、重要ですね!

▼ 融資取引銀行との借入交渉などのお悩みは、今スグ!お問合せ

問い合わせボタン

⇒ 資金繰り改善・融資取引対策コンサルタントの成功事例は、こちら


(2012/9/26)


TOPボタン

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2017/11/18)リスケ(返済猶予)は、何年まで認められるのか?
(2017/11/8)元金据え置き返済とリスケ(返済猶予・条件変更)との違いとは?
(2017/10/30)期限までに申告をしていないと融資審査で問題となりますか?
(2017/10/24)特別損失での赤字計上が、融資審査へ影響するのか?
(2017/10/19)仕入支払サイトを短縮する資金は、借入できますか?
(2017/10/11)運転資金の借入は、繰り返しても大丈夫なのでしょうか?
(2017/10/4)
複数の銀行と融資取引をしている場合、上手な運転資金の申込方法とは?
(2017/9/20)
リスケ(返済猶予)後、最終返済日には、一括返済をしなければいけないのか?
(2017/9/13)融資を断られる経営者に共通するポイントとは?:銀行対策
(2017/9/5)税金を滞納して、借入できない場合の対処方法とは?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン