新創業融資制度(日本公庫)の自己資金の要件が緩和されました。

圧倒的な創業資金借入のサポート実績のある、起業・開業コンサルタントの渕本です。

・これから起業・開業する方

・創業後税務申告を2期終えていない方

が利用できる、日本公庫の新創業融資制度において、内容が変更されています。

一番、大きな点は、新創業融資制度における、自己資金の要件緩和ですね。

創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金を確認できる方。

となり、さらに、

現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方

・現在の企業に継続して6年以上お勤めの方

・現在の企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

などについては、自己資金要件を満たすものとします、となりました。 

つまり、自己資金がゼロでも、日本公庫の新創業融資制度への申込が可能となった、ということです。

日本公庫:新創業融資制度の要件緩和

もっとも、新創業融資制度を利用して、創業資金借入で失敗したくないなら、自己資金は申込み要件以上を確保している方が、望ましいことには変わりありません。

創業資金借入で失敗したくない方へは、下記のサービスをご提供していますので、ご利用くださいね。

*下記をクリックすると、内容が確認できます。

【 創業資金借入のための起業計画書作成セミナー 】

【 創業資金借入の個別相談会 】

【 創業プラン個別相談会 】

※ 創業資金借入のお悩みなどは、下記から、お問合わせください ※
問い合わせボタン
 
無料の起業計画書・資金繰り表のひな形・見本 ※
起業計画書


TOPボタン

(2014/3/6)



にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
創業資金借入をサポート!起業・開業コンサルタント

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
(2018/3/22)銀行の担当者が変わっても、融資を引き出すための銀行対策
(2018/3/14)設備資金の借入後に、実際の必要資金を下回ったら、どうなるのか
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン