不採算部門から撤退する時の資金調達と既存借入への影響について

不採算部門から撤退する時の資金調達と既存借入への影響について

中小企業や個人事業主さんの銀行借入をサポートをしている、銀行対策.comの渕本です。


中小企業でも、いくつかの事業をしていることは、多くありますね。

しかし、すべての事業部門の業績が、うまくいっているとは、限りません。

参入後に、目論見通りに、業績が推移するとは限りませんし、参入後に、市場や顧客ニーズの変化により、業績が悪くなってくるということも、あります。

経営判断として、不採算部門を立て直すのか、撤退するのか?

撤退するにしても、そのための費用が必要になることがあります。

また、融資取引への影響も、心配な点です。


今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、


不採算部門から撤退する時の資金調達と既存借入への影響について

(第116回:2017年2月21日号)

元銀行融資審査課長で、中小企業との融資取引に詳しい、銀行対策コンサルタントが、解説します。


【 今回のメルマガで、得られる効果 】

業績回復のために事業の見直しを検討している経営者の参考となり、融資取引銀行との付き合い方に役立ちます。


⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年2月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年3月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら

有利な借り入れ条件を引き出す、銀行対策コンサルタント

スポンサーリンク


不採算部門から撤退する時の資金調達と既存借入への影響について:目次 】

1.不採算部門からの撤退を考えた場合の事前準備とは?

2.不採算部門からの撤退について、銀行に説明するタイミングとは?

3.不採算部門の撤退費用を借入できるのか?既存借入への影響は?

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、税理士の方や中小企業診断士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。


☆ 2月中に読者登録をすると、同時配信される、メルマガ ☆

⇒ 銀行員からの信頼を勝ち取る話し方 目次などは、こちら


・銀行との話が苦手で、融資を思うように借入できない

・有利な条件で、資金調達をするための銀行対策が知りたい

という、中小企業の社長さん、個人事業主さんも、是非、参考にしてくださいね。 

⇒ 登録初月は、無料で読める、融資審査の本音塾の申込みは、こちら

※2017年2月末までに、登録すると、自動配信されます。

※2017年3月以降は、バックナンバーとして、ご請求が可能です。

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧は、こちら


銀行との融資取引で、お困りなら、下記から、ご相談ください!

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068

問い合わせボタン

※銀行対策.comのホームページでは、「銀行」=信金や公庫、商工中金などの政府系金融機関も含めた、総称として、記載しています。

(2017/2/24) 

TOPボタン 



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン