1.銀行借入(銀行融資)金利の種類

銀行から資金調達(銀行借入)をする際の金利は、大きく分けると次の2通りです。

地方自治体等の制度融資以外は、原則、資金調達(銀行借入)をする企業と銀行で、交渉のうえで決めることになります。
(住宅ローン等の借入金利については、こちらもご覧ください)

金利は、法律で上限が定められていますが、銀行はコンプライアンス(法令遵守)が厳しいので、気にする必要はないと思います。

*サイトでご紹介している基礎知識について、冊子でお読みになりたいとのご要望が多く寄せられておりますので、冊子といたしました。PDF版は無料、印刷版は1,000円(税別)となっておりますので、ご希望の方は、こちらからご注文ください。

(1)変動金利

資金調達(銀行借入)をする際に、基準金利+○%という取り決めをします。

借入期間中に基準金利の改定があると、自動的に金利が見直され、金利が上下(変動)します。

見直しされた新金利が適用される時期は、契約書に記載されていますので、資金調達(銀行借入)をする際に、確認しましょう。

基準金利の代表的なものは、各銀行が独自に定めている短期プライムレート(最優遇貸出金利)です。

(2)固定金利

資金調達(銀行借入)をする際に、○%という取り決めをします。

借入期間中に金利が上下(変動)しても、見直しされることはなく、同じ金利が適用されます。


*資金調達(銀行借入)をする際の金利について詳しくお聞きになりたい方は、お気軽にこちらからお問い合わせください。

TOPボタン 



銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン