2.銀行借入(銀行融資)金利の決め方

銀行から資金調達(銀行借入)をする際の金利は、地方自治体等の制度融資以外は、原則、資金調達(銀行借入)をする企業と銀行で、交渉のうえで決めることになります。

*サイトでご紹介している基礎知識について、冊子でお読みになりたいとのご要望が多く寄せられておりますので、冊子といたしました。PDF版は無料、印刷版は1,000円(税別)となっておりますので、ご希望の方は、こちらからご注文ください。

*住宅ローンを始めとした個人ローンについては、借入金利の交渉余地は少ないと思います。それでも可能性はあるかもしれませんので、お気軽にこちらからお問い合わせください。
*住宅ローン等の借入金利については、こちらもご覧ください。

したがって、資金調達(銀行借入)をする企業側にも知識がないと、銀行との交渉(銀行対策)は上手くいきません。

資金調達(銀行借入)をする際の金利は、企業の資金繰りや収益に影響を及ぼしますので、安易に取り決めをすることのないように、早めに銀行と交渉(銀行対策)をしましょう。

金利は、法律で上限が定められていますが、銀行はコンプライアンス(法令遵守)が厳しいので、気にする必要はないと思います。

【銀行から提示される金利の仕組み】

銀行は「お金」という商品を仕入れています。
銀行は、その仕入値に銀行のコスト(経費等)と銀行の儲けを上乗せして、資金調達(銀行借入)をする企業へ金利を提示します。

銀行のコストには、銀行の経費や損失率が含まれています。
損失率とは、簡単に説明するとリスクです。
リスクは、大きく分けると借入期間のリスクと企業の業種や財務内容などから算出した返済不履行リスクとなります。

【資金調達(銀行借入)をする企業側の防衛策】

資金調達(銀行借入)をする際に提示される金利の仕組みを理解していただいたうえで、企業側の防衛策を解説します。

「お金」の仕入値と銀行の経費の部分は、銀行の実力による違いがある部分です。
資金調達(銀行借入)をする企業側の防衛策としては、資金調達(銀行借入)をする銀行を選定することです。

損失率(リスク)の部分は、まず、銀行借入(資金調達)期間をどの程度にするのかということで違ってきます。
簡単に説明すると、借入(資金調達)期間が短ければ、リスクは低くなりますので、金利も低くなります。
資金繰りを良く検討してください。

次に、企業の業種や財務内容などによる返済不履行リスクの部分は、銀行に正しく企業の業種を理解してもらうことと、財務内容を良くする努力を日頃からしておくことです。
企業の業種が、倒産確率の高い業種として銀行側に登録されていると、それだけでリスクが上乗せされていますので、気を付けてください。
さらに、担保の有無で、リスクが違ってきます。

以上の銀行対策を実施したうえで、あとは「銀行の儲け」の部分をいかに少なくしてもらうかです。
十分に資金調達(銀行借入)をする銀行と話し合いましょう。

【資金調達(銀行借入)をする際の銀行との金利交渉(銀行対策)の注意点】

資金調達(銀行借入)をする際の金利は、銀行と資金調達(銀行借入)をする企業との交渉で決めるものですので、日頃から資金繰りを良く検討して、早めに銀行へ相談しましょう。
資金繰りが苦しくなってからでは、交渉の余地(銀行対策)が狭まります。

「資金調達(銀行借入)をする際の金利にうるさい企業」という認識を銀行に持たせることは大切なことです。
しかし、「金利だけで決める企業」との認識を銀行に持たれないようにしましょう。
資金調達(銀行借入)の一番の目的は、資金繰りの安定化です。
安定的な資金調達(銀行借入)をできるように、銀行対策をするように心がけてください。

*サイトでご紹介している基礎知識について、冊子でお読みになりたいとのご要望が多く寄せられておりますので、冊子といたしました。PDF版は無料、印刷版は1,000円(税別)となっておりますので、ご希望の方は、こちらからご注文ください。

*資金調達(銀行借入)をする際の銀行対策について、さらに詳しくお聞きになりたい方は、お気軽にこちらからお問い合わせください。

 TOPボタン

 


銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2021/11/24)お金を借りやすくするコツ!銀行と相思相愛になる方法
(2021/11/4)銀行員に信用されるためのチェックポイント!:銀行対策
(2021/10/28)融資審査の仕組みを解説!重要なのは、売上?利益?
(2021/10/13)創業資金の借り方:コツはあるのか?どこに申込めば良いのか?
(2021/10/10)
上手に銀行取引をして、資金繰りを楽にするための3つの心得とは?
(2021/10/6)
借入した設備資金を運転資金に使用しても問題ありませんか?リスクは?
(2021/10/2)お金を借りるための3つの心得・コツ(初心者編)
(2021/7/1)
新型コロナ対策融資の据え置き期間は、延長できるのか?交渉方法は?
(2021/6/26)「新型コロナの影響による、特例リスケジュール制度の概要
(2021/2/9)担保が無くても、借りられますか?借入する方法とは?
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン