2.自分の会社を理解してもらう方法

銀行は、いろいろな業種の会社と取引をしています。

自分の銀行で、銀行融資をしている取引先について、様々なデータを登録しています。

登録されている基本的なデータのなかで、重要なものに、業種があります。

この業種を間違えて登録されていると、資金調達(銀行借入)をする際に弊害が出ることがあります。
最悪のケースでは、財務内容が良くても、資金調達(銀行借入)ができない場合もあるのです。

銀行の本部では、銀行全体の融資のポートフォリオ(資産構成)を見ています。
ある業種への融資量が多くなると、その業種が不況となった場合に銀行に与える影響が大きいため、一定量以上の融資量になる前に、歯止めをかけるのです。

また、不況業種や倒産確率の高い業種は、それだけでリスクが高いと考えて、銀行借入金利を高く設定している場合もあります。

銀行借入(銀行融資)のプロセスのなかでは、あなたの会社を担当している銀行員が、銀行融資を決定する書類を作成します。
どんな会社なのかを担当している銀行員が、上司に説明する場面もあります。
銀行融資を決定するのが、銀行の本部の審査部門であれば、その審査を担当する銀行員に説明する場面もあります。
したがって、資金調達(銀行借入)をする企業が、正しい情報を銀行員に与えるのは、非常に重要なことです。

銀行から資金調達(銀行借入)を行い、安定的な資金繰りをするため、銀行対策の第一歩として、銀行員に自分の会社の業種を正しく理解してもらうようにしましょう。

(1)銀行員は、正しく業種を理解しているか?

(2)銀行員に正しく業種を理解してもらう方法

(3)貸し渋り対策 貸し剥がし対策 決算書ができたら、事業計画書や経営改善計画書と一緒に説明しましょう!

*自分の会社を銀行に正しく理解してもらう方法について、資料の作り方や詳しくお聞きになりたい方など、お気軽にこちらからお問い合わせください。
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン