貸し渋り対策 実質債務超過でも新規融資60百万円

「銀行対策.com」へご相談のあった企業様のうち、実質債務超過でありながら、新規の銀行融資により60百万円の資金調達に成功した事例をご紹介します。

事例紹介とお客様の声は、こちらもご覧ください。

ご相談時は、取引銀行のうち1行から、「実質債務超過」であると指摘され、経営者の方は
お悩みでした。

ご相談内容は、
1.取引銀行から指摘された「実質債務超過」は本当か?
2.今後の資金繰り
3.資金調達のための銀行との交渉の仕方、資料の作り方

などでした。

ご決算書を拝見させていただき、金融機関がどのように決算書を見るのか?をご説明するとともに、実質債務超過である原因や今後の方針、お取引銀行の対応等をお聞きして、資金調達のご相談をさせていただきました。

ご相談していただいた企業様は、実質債務超過でも、本業は堅調であり、実質債務超過は今後縮小・解消へ向うことから、今後の事業計画及び実質債務超過解消の計画書の策定をアドバイスさせていただきました。 → 事業計画書(サンプル)

銀行への説明の仕方などもアドバイスさせていただいた結果、取引銀行のうち1行から長期運転資金として60百万円の新規融資が無事に実行されました。

さらに、銀行からは、今後の事業拡大のための営業支援(取引先紹介)など、支援体制が鮮明になり、経営者の方は前向きに事業の拡大に向っております。

ご相談していただいた企業様の成功のポイントは、「自社の決算内容が、実質債務超過であるという認識を早い段階で理解して、それに対する対応策を策定できたこと」です。

このような企業は、銀行から好印象をもたれ、実質債務超過解消のための事業再生の協力を得られる場合があります。

*この事例では、お客様が社内で資料を作成し、弊社はブラッシュアップのアドバスなど通常相談の積み重ねのみで対応。したがって、成功報酬はいただいておりません。

経営者の方は、 「銀行からこう言われたから・・・」とお1人でお悩みになることなく、お気軽に、お問い合わせください。

お早めにご相談していただければ、銀行対策も段階を踏んで行うことが可能となる場合があります。

「銀行対策.com」へのお問い合わせは、下記からお願いします。

問い合わせボタン

TOPボタン


銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン