リスケ(リスケジュール)編

資金調達(銀行融資・銀行借入)と銀行対策(銀行とのお付き合い)コンサルタント「銀行対策.com」へ寄せられたご相談のうち、事業再生(会社再建)不可欠なリスケ(リスケジュール)に関するQ&A集です。(随時更新)

Q:銀行から融資を断られました。資金繰りに困っています。どうしたらいいでしょうか?
A:銀行から資金調達(銀行融資・銀行借入)ができない場合は、リスケ(リスケジュール)をして資金繰りが乗り切れるか?検討してください。資金繰り表 【資金繰り表(サンプル・PDF)】 を作成して、銀行融資(銀行借入)の返済を猶予してもらうことで、事業が可能であれば、各銀行に協力してもらいましょう。
「資金調達(銀行融資・銀行借入)が難しい場合は、リスケ(リスケジュール)を検討しましょう」をご参考にしてください。
銀行対策.comでも、資金繰り表の作成 【資金繰り表(見本・PDF)】 や再生計画の作成などのお手伝いが可能ですので、1人でお悩みにならないで、こちらからお問い合わせください。

Q:銀行にリスケ(リスケジュール)を協力してもらう前に、事業継続に必要な支払いなどがあります。どうしたらいいでしょうか?
A:まずは、事業継続に必要な支払いを優先するようにしてください。各銀行には、事前に返済が難しい旨連絡をして、コミュニケーションを密にするようにしてください。いつまでに資金繰り表 【資金繰り表(サンプル・PDF)】 や再生計画などを銀行に対して提示できるのか?ということを、しっかりと示して、返済をストップしてからでも、リスケ(リスケジュール)は可能だと思います。

Q:銀行にリスケ(リスケジュール)を協力してもらっても、新規の資金調達(銀行融資・銀行借入)は可能ですか?
A:銀行にリスケ(リスケジュール)を協力してもらっている間は、新規の資金調達(銀行融資・銀行借入)はできないものと考えてください。したがって、リスケ(リスケジュール)を安易にしないようにしてください。
但し、本来の融資期間より短い期間の返済期間としたために、資金繰りが逼迫しリスケ(リスケジュール)をした企業が、他行で本来の融資期間で肩代わりをしてもらうことで、リスケ(リスケジュール)から脱した事例があります。詳しくは、「条件変更先から正常先となった企業」をご覧ください。

Q:自分で作った資金繰り表や経営改善計画書を見てもらいアドバイスをもらえますか?その場合は、リスケジュールコンサルティングをなって、成功報酬を請求されるのですか?
A:ご自身で作成された資金繰り表や経営改善計画書について、アドバイスをするサービスは、通常相談となりますので、成功報酬はご請求いたしません。ご安心ください。


*その他、リスケ(リスケジュール)や事業再生でお悩みの点や疑問点がございましたら、お気軽に銀行対策.comへお問い合わせください。お問い合わせは、こちらからどうぞ。

銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン