(2)売上規模での取引銀行の選び方

売上規模での取引銀行の選び方は、資金調達(銀行借入)をする頻度とのバランスを考えながら選ぶことが重要です。

a.資金調達(銀行借入)を頻繁に行う必要がある企業

資金繰り安定のため、資金調達(銀行借入)を頻繁に行う必要のある企業とは、毎月割引手形をする必要があったり、賞与資金の借入や運転資金の借入など、1年に一度は銀行融資を必要とする企業です。

このような企業の場合、安定的な資金調達(銀行借入)ができないと資金繰りが不安定になりますので、売上規模に見合った銀行と取引をすることが重要です。

売上規模に見合った銀行と取引しているか否かということの一つの目安は、取引銀行にご自身の会社の担当者がいて、その担当者が会社へ訪問してくるか否かということです。

銀行も効率良く業務をするために、企業規模(ほぼ売上規模)で企業をランク分けしています。
そのランク分けに基づいて、担当者を決めて、訪問頻度の目安を担当者へ指示しています。

(例)売上規模によりラージマーケットへランクされた企業へは、毎月1回以上訪問すること。

取引銀行に自社の担当者がいるということは、それだけ企業の話を真剣に聞いてくれるということです。

b.資金調達(銀行借入)を頻繁に行う必要がない企業

資金調達(銀行借入)を頻繁に行う必要がない企業とは、資金繰りが比較的安定していて、資金調達(銀行借入)は長期運転資金を2〜3年に一度という企業です。

この場合、売上規模の見合った銀行と取引しているか否かということの一つの目安は、銀行融資を申し込む際の銀行の対応です。
事務的に申し込み書類の提出を求められているのなら、売上規模に見合っていないと言えるでしょう。
このような場合、いざという時も事務的な対応をされる恐れがあります。
例え、2〜3年に一度の資金調達(銀行借入)の際でも、ご自身の企業内容に興味を示して、いろいろと聞いてくるような銀行と取引されることをお勧めします。

*新たに取引を考えている銀行がご自身の会社の売上規模に見合った銀行なのか迷われている方、売上規模に見合った銀行と取引しているのか迷われている方など、お気軽に、お問い合わせください。

問い合わせボタン

TOPボタン


銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

銀行融資(銀行借入)での資金調達で中小企業を支援、銀行対策.com

⇒ 起業計画書の書き方が分かる!「起業計画書作成セミナー」は、こちら

⇒ 個別(マンツーマン)セミナー・スカイプセミナーのお申込みは、こちら

<新着記事>
(2019/4/4)10連休に備えた、資金繰り対策に不安はありませんか?
(2018/7/21)
銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(貸借対照表編)
(2018/6/7)銀行に決算書を提出する前に、抑えておくポイント(損益計算書編)
(2018/5/20)銀行対策コンサルタントのYouTube動画をリニューアル
(2018/5/16)複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(2018/5/2)資金繰り表の書き方や、融資審査では何を見られるのか?
(2018/4/18)不動産の担保価値が融資額を下回っても、融資審査は通るのか?
(2018/4/11)「銀行対策.comのGW中の相談体制について
(2018/4/4)個人信用情報がブラックでも事業資金は借りられるのでしょうか?
(2018/3/30)受注型の不況業種で、融資を受けるためのヒント
 
<対応地区>
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

TOPボタン